喘息治療を目的としたインドリルピペリジン骨格を有する抗アレルギー薬の合成研究

この論文をさがす

著者

    • 重永, 信次 シゲナガ, シンジ

書誌事項

タイトル

喘息治療を目的としたインドリルピペリジン骨格を有する抗アレルギー薬の合成研究

著者名

重永, 信次

著者別名

シゲナガ, シンジ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第3336号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 理論の部 / (0006.jp2)
  3. 諸言 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一章 研究背景と研究方針 / p2 (0007.jp2)
  5. 第一節 気管支喘息の発生機序 / p2 (0007.jp2)
  6. 第二節 既存の抗アレルギー薬と研究目標 / p5 (0008.jp2)
  7. 第三節 新規抗アレルギー薬の研究方針と創製 / p9 (0010.jp2)
  8. 第一項 研究の経緯 / p9 (0010.jp2)
  9. 第二項 新規抗アレルギー薬のデザイン / p12 (0012.jp2)
  10. 第二章 アルカンスルホン酸アミドチアゾール誘導体の合成と薬理作用 / p14 (0013.jp2)
  11. 第一節 アルカンスルホン酸アミドチアゾール誘導体の合成 / p14 (0013.jp2)
  12. 第二節 アルカンスルホン酸アミドチアゾール誘導体の構造活性相関 / p17 (0014.jp2)
  13. 第三節 選択化合物の薬理評価 / p20 (0016.jp2)
  14. 第一項 中枢神経系に及ばす作用 / p20 (0016.jp2)
  15. 第二項 化合物(8)の薬理作用 / p21 (0016.jp2)
  16. 第三章 アルキルアシルアミノチアゾール誘導体の合成と薬理作用 / p22 (0017.jp2)
  17. 第一節 抗アナフィラキシー作用と抗SRS-A作用を併せ持つ化合物の探索 / p22 (0017.jp2)
  18. 第二節 アルキルアシルアミノチアゾール誘導体の合成 / p25 (0018.jp2)
  19. 第三節 アルキルアシルアミノチアゾール誘導体の構造活性相関 / p27 (0019.jp2)
  20. 第四節 化合物(33)の薬理学的特徴 / p32 (0022.jp2)
  21. 第五節 化合物(33)の中枢作用軽減を目指したデザイン / p34 (0023.jp2)
  22. 第四章 カフェイン酸誘導体の創製と構造活性相関 / p36 (0024.jp2)
  23. 第一節 カフェイン酸誘導体のデザイン / p36 (0024.jp2)
  24. 第二節 カフェイン酸誘導体の合成 / p38 (0025.jp2)
  25. 第三節 カフェイン酸誘導体の構造活性相関 / p41 (0026.jp2)
  26. 第四節 化合物(61)の薬理学的特徴 / p43 (0027.jp2)
  27. 第五節 化合物(61)のモルモットにおける代謝物 / p44 (0028.jp2)
  28. 第一項 代謝物の単離および同定 / p44 (0028.jp2)
  29. 第二項 グルクロン酸抱合体(74)の薬理作用 / p46 (0029.jp2)
  30. 第六節 化合物(61)の中枢作用 / p47 (0029.jp2)
  31. 第七節 化合物(61)のクエン酸塩、FK255の調製 / p48 (0030.jp2)
  32. 第五章 まとめ / p49 (0030.jp2)
  33. 謝辞 / p54 (0033.jp2)
  34. 実験の部 / (0033.jp2)
  35. 合成に関する実験 / p55 (0034.jp2)
  36. 第二章に関する実験 / p55 (0034.jp2)
  37. 第三章に関する実験 / p69 (0041.jp2)
  38. 第四章に関する実験 / p79 (0046.jp2)
  39. 薬理作用に関する実験 / p89 (0051.jp2)
  40. 抗アナフィラキシー作用および抗ヒスタミン作用に関する実験 / p89 (0051.jp2)
  41. 抗SRS-Aに関する実験 / p91 (0052.jp2)
  42. 5-リポキシゲナーゼ(5-LO)阻害作用に関する実験 / p93 (0053.jp2)
  43. 中枢作用に関する実験 / p93 (0053.jp2)
  44. 引用文献 / p95 (0054.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174370
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174646
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338684
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ