軌道狂い検測手法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 竹下, 邦夫 タケシタ, クニオ

書誌事項

タイトル

軌道狂い検測手法に関する研究

著者名

竹下, 邦夫

著者別名

タケシタ, クニオ

学位授与大学

信州大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第79号

学位授与年月日

1998-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 記号表 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的 / p6 (0010.jp2)
  6. 1.3 本論文の概要 / p6 (0010.jp2)
  7. 第1章の参考文献 / p8 (0011.jp2)
  8. 第2章 軌道狂い検測法の理論的解析と理論体系の確立 / p9 (0011.jp2)
  9. 2.1 軌道狂い検測法の現状 / p10 (0012.jp2)
  10. 2.2 軌道狂いの検測手法の分類 / p12 (0013.jp2)
  11. 2.3 差分法の理論解析と理論体系の確立 / p12 (0013.jp2)
  12. 2.4 慣性測定法の理論解析と正矢狂いの検測方法 / p30 (0022.jp2)
  13. 2.5 第2章のまとめ / p47 (0030.jp2)
  14. 第2章の参考文献 / p50 (0032.jp2)
  15. 第3章 軌道狂い検測に必要な要素技術の開発 / p52 (0033.jp2)
  16. 3.1 新幹線における軌道検測技術 / p53 (0033.jp2)
  17. 3.2 新しいレール変位測定装置の開発目標 / p53 (0033.jp2)
  18. 3.3 撮像管方式の光式レール変位測定装置の開発 / p54 (0034.jp2)
  19. 3.4 PSD方式の光式レール変位検出センサの開発 / p67 (0040.jp2)
  20. 3.5 電磁式レール変位センサの開発 / p77 (0045.jp2)
  21. 第3章の参考文献 / p92 (0053.jp2)
  22. 第4章 新しい検測車の開発 / p94 (0054.jp2)
  23. 4.1 2台車検測車の開発 / p95 (0054.jp2)
  24. 4.2 ガイドウェイ検測車の開発 / p101 (0057.jp2)
  25. 第4章の参考文献 / p120 (0067.jp2)
  26. 第5章 結論 / p123 (0068.jp2)
  27. 5.1 本研究の要約 / p124 (0069.jp2)
  28. 5.2 今後の展望 / p126 (0070.jp2)
  29. 第5章の参考文献 / p127 (0070.jp2)
  30. 謝辞 / p128 (0071.jp2)
  31. 研究業績 / p130 (0072.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174427
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174703
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338741
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ