感性情報・感性製品の知的財産権保護

この論文をさがす

著者

    • 青山, 紘一 アオヤマ, ヒロカズ

書誌事項

タイトル

感性情報・感性製品の知的財産権保護

著者名

青山, 紘一

著者別名

アオヤマ, ヒロカズ

学位授与大学

信州大学

取得学位

博士(学術)

学位授与番号

乙第6号

学位授与年月日

1998-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序(本研究の目的と構成) / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 知的財産権制度・総論 / p3 (0008.jp2)
  4. 1.知的財産権の概念 / p3 (0008.jp2)
  5. 2.知的財産権が重要視される背景 / p9 (0011.jp2)
  6. 3.知的財産権法制度 / p16 (0015.jp2)
  7. 《知的財産権年表》 / p29 (0021.jp2)
  8. 第2章 特許制度 / p31 (0022.jp2)
  9. 1.特許の概念 / p31 (0022.jp2)
  10. 2.特許法の構成 / p32 (0023.jp2)
  11. 3.特許法(制度)の目的 / p32 (0023.jp2)
  12. 4.特許要件 / p33 (0023.jp2)
  13. 5.特許権の効力 / p35 (0024.jp2)
  14. 6.特許出願の書面主義 / p38 (0026.jp2)
  15. 7.特許出願の公開 / p43 (0028.jp2)
  16. 8.審査 / p48 (0031.jp2)
  17. 9.特許権の抹消 / p48 (0031.jp2)
  18. 10.特許権の公示 / p60 (0037.jp2)
  19. 11.コンピュータ・ソフトウェア関連発明 / p61 (0037.jp2)
  20. 12.特許情報の公開と利用 / p62 (0038.jp2)
  21. 13.特許情報公開の将来像 / p66 (0040.jp2)
  22. 14.考察・情報法としての特許法 / p68 (0041.jp2)
  23. 第3章 実用新案制度 / p87 (0050.jp2)
  24. 1.序 / p87 (0050.jp2)
  25. 2.権利付与手続 / p93 (0053.jp2)
  26. 3.実用新案権の行使 / p97 (0055.jp2)
  27. 4.実用新案技術評価制度 / p100 (0057.jp2)
  28. 5.無効審判 / p104 (0059.jp2)
  29. 6.実用新案制度改革の方向 / p111 (0062.jp2)
  30. 第4章 意匠制度 / p115 (0064.jp2)
  31. 1.意匠法(制度)の目的 / p115 (0064.jp2)
  32. 2.意匠登録の要件 / p115 (0064.jp2)
  33. 3.特殊な意匠および制度 / p116 (0065.jp2)
  34. 4.意匠権の内容 / p118 (0066.jp2)
  35. 5.類似の判断について / p119 (0066.jp2)
  36. 6.意匠制度改革の方向 / p119 (0066.jp2)
  37. 第5章 著作権制度 / p127 (0070.jp2)
  38. 1.著作権法の概要 / p127 (0070.jp2)
  39. 2.プログラム著作権 / p130 (0072.jp2)
  40. 3.データベース著作権 / p134 (0074.jp2)
  41. 4.著作隣接権 / p135 (0074.jp2)
  42. 5.著作権法改革の方向 / p136 (0075.jp2)
  43. 第6章 不正競争防止法による保護と規制 / p147 (0080.jp2)
  44. 1.序 / p147 (0080.jp2)
  45. 2.不正競争防止法に規定される不正鼓争行為 / p152 (0083.jp2)
  46. 3.不正競争行為への対抗手段 / p198 (0106.jp2)
  47. 4.不正競争防止法の適用除外 / p205 (0109.jp2)
  48. 5.考察・不正競争防止法の改革 / p209 (0111.jp2)
  49. 第7章 知的財産権の国際的保護(条約) / p215 (0114.jp2)
  50. 1.TRIPs協定 / p215 (0114.jp2)
  51. 2.工業所有権に関する条約 / p217 (0115.jp2)
  52. 3.著作権に関する条約 / p224 (0119.jp2)
  53. 4.その他の条約 / p226 (0120.jp2)
  54. 第8章 感性情報・感性製品と知的財産権 / p231 (0122.jp2)
  55. 序 / p231 (0122.jp2)
  56. 1.感性情報・感性製品の範囲 / p231 (0122.jp2)
  57. 2.感性情報・感性製品の保護 / p238 (0126.jp2)
  58. 3.プログラム著作権に関する米国の判例 / p308 (0161.jp2)
  59. 4.ソフトウェア関連発明の特許権による保護 / p312 (0163.jp2)
  60. 5.特許出願からみた感性技術・感性製品 / p325 (0169.jp2)
  61. 6.結び / p345 (0179.jp2)
  62. 引用・参照審判決 / p366 (0190.jp2)
  63. 引用・参考文献、参照URL / p382 (0198.jp2)
  64. 初出一覧 / p389 (0201.jp2)
  65. 資料:「感性技術・感性製品」に関する特許文献 / 別冊 / (0206.jp2)
  66. 「感性技術・感性製品」に関する特許文献 / (0205.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174429
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174705
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338743
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ