大変形弾性論および粘弾性論によるゴム状物質の力学特性の解析

この論文をさがす

著者

    • 桜井, 正幸 サクライ, マサユキ

書誌事項

タイトル

大変形弾性論および粘弾性論によるゴム状物質の力学特性の解析

著者名

桜井, 正幸

著者別名

サクライ, マサユキ

学位授与大学

信州大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第83号

学位授与年月日

1999-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / (0005.jp2)
  3. 1.緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 2.本研究の概要 / p2 (0007.jp2)
  5. 3.本研究に関連する既往の研究 / p3 (0007.jp2)
  6. 第2章 大変形弾性論の展開近似構成方程式 / (0008.jp2)
  7. 1.緒言 / p5 (0009.jp2)
  8. 2.一般的応力―伸度関係式 / p5 (0009.jp2)
  9. 3.貯蔵エネルギー関数の形 / p7 (0010.jp2)
  10. 4.貯蔵エネルギー関数の近似式から導かれる応力―伸度式 / p8 (0011.jp2)
  11. 第3章 第1近似式による加硫ゴムの応力―伸度曲線の解析 / (0012.jp2)
  12. 1.緒言 / p11 (0013.jp2)
  13. 2.加硫ゴムの応力―伸度曲線への第1近似式の適用性の検討 / p12 (0014.jp2)
  14. 3.第1近似式の係数G,B,Cの検討 / p19 (0017.jp2)
  15. 3.2 G,B,Cの温度依存性 / p24 (0020.jp2)
  16. 3.3 係数G,B,Cと破壊特性の間の関係 / p29 (0022.jp2)
  17. 3.4 結論 / p30 (0023.jp2)
  18. 4.膨潤ゴムの応力―伸度曲線の解析 / p32 (0024.jp2)
  19. 4.1 膨潤ゴムに対する応力への第1近似式の拡張 / p32 (0024.jp2)
  20. 4.2 測定と理論式との比較 / p33 (0024.jp2)
  21. 4.3結論 / p37 (0026.jp2)
  22. 第4章 第2近似式による加硫ゴムの応力―伸度曲線の解析 / (0027.jp2)
  23. 1.緒言 / p39 (0028.jp2)
  24. 2.加硫ゴムの応力―伸度曲線への第2近似構成方程式の適用性 / p40 (0004.jp2)
  25. 3.網目密度による加硫ゴムの応力―伸度曲線の推定 / p46 (0032.jp2)
  26. 4.網目密度による熱老化した加硫ゴムの応力―伸度曲線の推定 / p54 (0036.jp2)
  27. 第5章 大変形粘弾性論の低次近似式の応用 / (0043.jp2)
  28. 1.緒言 / p68 (0044.jp2)
  29. 2.第1近似構成方程式からの1つの現象近似式 / p69 (0045.jp2)
  30. 3.定伸張速度変形における応力―伸度式 / p72 (0046.jp2)
  31. 4.補強加硫ゴムの大変形応力緩和の解析 / p83 (0052.jp2)
  32. 第6章 展開近似構成方程式の分子論的意味についての知見をえるための研究―時間―温度―濃度換算法則を用いて― / (0055.jp2)
  33. 1.緒言 / p90 (0056.jp2)
  34. 2.オイルによるゴムの外部可塑化の分子運動に及ぼす影響 / p90 (0056.jp2)
  35. 3.液状ゴムおよびゴムの濃厚溶液の流動性破壊過程における分子運動 / p99 (0061.jp2)
  36. 3.2 流動性破壊過程に及ぼす時間,温度,濃度の影響 / p104 (0063.jp2)
  37. 3.3結論 / p110 (0066.jp2)
  38. 4.内部可塑化ポリマーの動的弾性率における時間―温度―濃度等価性 / p111 (0067.jp2)
  39. 第7章 総括 / p119 (0072.jp2)
  40. 謝辞 / p122 (0074.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174434
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174710
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338748
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ