「斎民要術」に登場する麹の醸造学的究明

この論文をさがす

著者

    • 金内, 誠 カナウチ, マコト

書誌事項

タイトル

「斎民要術」に登場する麹の醸造学的究明

著者名

金内, 誠

著者別名

カナウチ, マコト

学位授与大学

東京農業大学

取得学位

博士(生物環境調節学)

学位授与番号

甲第257号

学位授与年月日

1999-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0014.jp2)
  3. 第1章『斎民要術』の酒造用麹とその製麹法 / p6 (0019.jp2)
  4. 第1節『斎民要術』に記載される麹 / p6 (0019.jp2)
  5. 第2節『斎民要術』に登場する酒造用麹の製麹法 / p9 (0022.jp2)
  6. 第2章『斎民要術』の製麹法に基づいたモデル製麹試験 / p17 (0030.jp2)
  7. 第1節 製麹試験 / p17 (0030.jp2)
  8. (1)モデル製麹試験と主要糸状菌の検索及び同定 / p17 (0030.jp2)
  9. (2)細菌群の検索及び同定 / p30 (0043.jp2)
  10. (3)乳酸菌数の測定 / p37 (0050.jp2)
  11. (2)各麹の性状 / p41 (0054.jp2)
  12. 第2節 純粋培養下での製麹試験 / p48 (0061.jp2)
  13. (1)天然開放下でモデル製麹した神麹より分離したAspergillus oryzaeとRhizopus oryzaeを用いた純粋培養下での製麹試験 / p48 (0061.jp2)
  14. (2)A.oryzae、R.chinesisを用いた製麹試験 / p56 (0069.jp2)
  15. 第3節 本章の要約 / p64 (0077.jp2)
  16. 第3章『斎民要術』に従った試醸 / p66 (0079.jp2)
  17. 第1節 神麹(1)神麹(2)、河東神麹、笨麹を用いて仕込んだ醪の酵母及び乳酸菌の動態 / p66 (0079.jp2)
  18. (1)各麹を用いて仕込んだ醪中の酵母の動態 / p67 (0080.jp2)
  19. (2)神麹(1)、神麹(2)、河東神麹、笨麹を用いて仕込んだ醪中の酵母の同定 / p73 (0086.jp2)
  20. (3)神麹(1)、神麹(2)、河東神麹、笨麹を用いて仕込んだ醪中の乳酸菌の測定 / p79 (0092.jp2)
  21. 第2節 神麹(その1)、神麹(その2)、河東神麹、笨麹を用いて仕込んだ製成酒について / p84 (0097.jp2)
  22. 1 実験方法 / p84 (0097.jp2)
  23. 2 結果及び考察 / p85 (0098.jp2)
  24. 第3節 本章の要約 / p95 (0108.jp2)
  25. 第4章 麹に添加する各種植物抽出液の微生物に対する影響について / p97 (0110.jp2)
  26. 第1節 植物の抽出液を添加した麹の性状 / p98 (0111.jp2)
  27. 1 実験方法 / p98 (0111.jp2)
  28. 2 結果及び考察 / p99 (0112.jp2)
  29. 第2節 植物の抽出液による抗菌効果 / p106 (0119.jp2)
  30. 1 実験方法 / p106 (0119.jp2)
  31. 2 結果及び考察 / p107 (0120.jp2)
  32. 第3節 本章の要約 / p114 (0127.jp2)
  33. 第5章 オナモミの葉の熱水抽出液に含まれる抗菌性物質の構造 / p116 (0129.jp2)
  34. 第1節 オナモミの葉の熱水抽出液に含まれる抗菌性物質の精製 / p117 (0130.jp2)
  35. (1)熱水抽出液からの溶媒抽出の抽出溶媒の検討 / p117 (0130.jp2)
  36. (2)吸着クロマトグラフィーの検討 / p121 (0134.jp2)
  37. (3)薄層クロマトグラフィーの検討 / p124 (0137.jp2)
  38. 第2節 各種試薬による発色試験 / p127 (0140.jp2)
  39. 1 実験方法 / p127 (0140.jp2)
  40. 2.結果及び考察 / p127 (0140.jp2)
  41. 第3節 オナモミの葉の熱水抽出液に含まれる抗菌性物質の構造の決定及び物質の同定 / p130 (0143.jp2)
  42. (1)融点及び分子量の測定 / p130 (0143.jp2)
  43. (2)紫外線吸収スペクトルの検討 / p136 (0149.jp2)
  44. (3)赤外線吸収スペクトルの測定 / p139 (0152.jp2)
  45. (4)磁気共鳴スペクトルの測定 / p142 (0155.jp2)
  46. 第4節 本章の要約 / p146 (0159.jp2)
  47. 第6章 xanthatineの性質 / p147 (0160.jp2)
  48. 第1節 最小阻止濃度(MIC)の測定 / p147 (0160.jp2)
  49. 1.実験方法 / p148 (0161.jp2)
  50. 2.結果及び考察 / p148 (0161.jp2)
  51. 第2節 抗菌性物質の温度安定性及びpH安定性 / p154 (0167.jp2)
  52. 1 実験方法 / p154 (0167.jp2)
  53. 2.結果及び考察 / p155 (0168.jp2)
  54. 第3節 本章の要約 / p160 (0173.jp2)
  55. 第7章 xanthatinが細胞に及ぼす影響 / p162 (0175.jp2)
  56. 第1節 細胞中より流出するタンパク、核酸物質及びカリウムイオンの検討 / p162 (0175.jp2)
  57. 1 実験方法 / p162 (0175.jp2)
  58. 2.結果及び考察 / p164 (0177.jp2)
  59. 第2節 電子顕微鏡による酵母の観察 / p170 (0183.jp2)
  60. 1.実験方法 / p170 (0183.jp2)
  61. 2.結果及び考察 / p171 (0184.jp2)
  62. 第3節 xanthatinと各種抗菌性物質の比較 / p174 (0187.jp2)
  63. 実験方法 / p174 (0187.jp2)
  64. 2.結果及び考察 / p175 (0188.jp2)
  65. 第4節 xanthatinがチューブリンに及ぼす影響 / p178 (0191.jp2)
  66. 1.実験方法 / p178 (0191.jp2)
  67. 2.結果及び考察 / p178 (0191.jp2)
  68. 第5節 xanthatinを作用させたときの核酸量の測定 / p186 (0199.jp2)
  69. 1 実験方法 / p186 (0199.jp2)
  70. 2.結果及び考察 / p186 (0199.jp2)
  71. 第6節 xanthatinを添加した時の核分裂について / p190 (0203.jp2)
  72. 1.実験方法 / p190 (0203.jp2)
  73. 2.結果及び考察 / p191 (0204.jp2)
  74. 第7節 本章の要約 / p199 (0212.jp2)
  75. 要約 / p200 (0213.jp2)
  76. 総括 / p207 (0220.jp2)
  77. 謝辞 / p213 (0226.jp2)
  78. 参考文献 / p214 (0227.jp2)
  79. summary / p221 (0234.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174479
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174755
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338793
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ