江戸後期より幕末に至る月瀬観梅漢詩文の研究

この論文をさがす

著者

    • 村田, 榮三郎 ムラタ, エイザブロウ

書誌事項

タイトル

江戸後期より幕末に至る月瀬観梅漢詩文の研究

著者名

村田, 榮三郎

著者別名

ムラタ, エイザブロウ

学位授与大学

東洋大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

乙第112号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

1998

目次

  1. (第一分冊) / (0002.jp2)
  2. 自序 / (0003.jp2)
  3. 目次 / (0004.jp2)
  4. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  5. 第一章 序説 / p8 (0011.jp2)
  6. 第一節 月ヶ瀬村の地理的環境 / p8 (0011.jp2)
  7. 第二節 月ヶ瀬村の始まり / p19 (0016.jp2)
  8. 第二章 文人等の訪村と観梅漢詩文 / p23 (0018.jp2)
  9. 第一節 文化期より文政期に至る / p26 (0020.jp2)
  10. 第一項 岸勝明の訪村と『月瀬梅花詩集』稿本 / p26 (0020.jp2)
  11. (附)『月瀬梅花詩巣』稿本一覧表 / p109 (0061.jp2)
  12. 第二項 韓聯玉『月瀬梅花帖』の発刊 / p113 (0063.jp2)
  13. (附)『月瀬梅花帖』一覧表 / p212 (0113.jp2)
  14. 第三項 梁川星巌、紅蘭を携えて月ヶ瀬に遊ぶ / p217 (0115.jp2)
  15. 第四項 斎藤拙堂等の月瀬観梅行 / p227 (0120.jp2)
  16. 第五項 『梅渓遊記』稿本と嘉永本との関係について / p381 (0197.jp2)
  17. (附記) / p443 (0228.jp2)
  18. 第二節 天保斯より嘉永期に至る / p449 (0231.jp2)
  19. 第一項 頼山陽等の月瀬観梅行 / p449 (0231.jp2)
  20. 第二項 大窪詩仏『梅渓遊記』に序文を書く / p511 (0262.jp2)
  21. 第三項 牧百峰の月瀬観梅詩 / p516 (0265.jp2)
  22. 第四項 金井鳥洲の『月瀬探梅画巻』 / p525 (0269.jp2)
  23. 第五項 三田村嘉福『遊月瀬梅渓詩稿』 / p552 (0283.jp2)
  24. (第二分冊) / (0294.jp2)
  25. 第六項 広瀬旭荘『日間瑣事録』中の「月瀬紀行」 / p570 (0296.jp2)
  26. 第七項 斎藤拙堂『月瀬記勝』の刊行に至る諸家の詩文 / p628 (0325.jp2)
  27. (附)『月瀬記勝』一覧表 / p778 (0400.jp2)
  28. 第八項 『月瀬記勝』版本考 / p783 (0402.jp2)
  29. 第三節 安政期より幕末に至る / p809 (0415.jp2)
  30. 第一項 広瀬旭荘再度の訪村 / p809 (0415.jp2)
  31. 第二項 橋本晩翠の月瀬観梅詩 / p812 (0417.jp2)
  32. 第三項 釈南園の月瀬観梅 / p827 (0424.jp2)
  33. 第四項 金本摩斎の観梅行 / p838 (0430.jp2)
  34. 第五項 鴻雪爪の『山高水長図記』中の「月瀬問春」 / p847 (0434.jp2)
  35. 第六項 中村栗園の「月瀬観梅記」 / p886 (0454.jp2)
  36. 第七項 斎藤拙堂題字の『渓山清夢』月瀬詩画巻 / p904 (0463.jp2)
  37. 第八項 文久二年訪村詩人の観梅詩文 / p947 (0484.jp2)
  38. 第三章 日本漢文学史上における月瀬観梅詩文の意義と位置づけ / p993 (0507.jp2)
  39. 後記 / p1015 (0518.jp2)
  40. 附録(資料編) / p1019 (0520.jp2)
  41. I 『月瀬梅花詩集』(稿本)月ヶ瀬村教育委員会蔵本 / p1021 (0521.jp2)
  42. II 『月瀬梅花帖』(稿本)月ヶ瀬村教育委員会蔵本 / p1059 (0540.jp2)
  43. III 『梅渓遊記』(稿本)国立国会図書館鶚軒文庫蔵本 / p1079 (0550.jp2)
  44. IV 『梅渓遊記』(稿本)天理大学付属天理図書館蔵本 / p1101 (0561.jp2)
  45. V 『月瀬記勝』挿図(嘉永版初摺)宮崎青谷押印本月ヶ瀬村教育委員会蔵本 / p1131 (0576.jp2)
20アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174505
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174781
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338819
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ