鋳物の画像処理による目視検査自動化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 染次, 孝博 ソメジ, タカヒロ

書誌事項

タイトル

鋳物の画像処理による目視検査自動化に関する研究

著者名

染次, 孝博

著者別名

ソメジ, タカヒロ

学位授与大学

長岡技術科学大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第180号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序章 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 鋳物 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 鋳物の作り力 / p3 (0006.jp2)
  6. 1.4 鋳物の凝固 / p5 (0007.jp2)
  7. 1.5 鋳物の欠陥 / p5 (0007.jp2)
  8. 1.6 鋳物の検査 / p6 (0008.jp2)
  9. 1.7 本研究の目的 / p7 (0008.jp2)
  10. 1.8 本論文の構成 / p9 (0009.jp2)
  11. 第2章 鋳物に発生する欠陥とその検査方法 / p11 (0010.jp2)
  12. 2.1 鋳物の欠陥 / p11 (0010.jp2)
  13. 2.2 鋳物の検査 / p20 (0015.jp2)
  14. 第3章 周囲一様照明による凹欠陥の自動検出の検討 / p26 (0018.jp2)
  15. 3.1 従来の検査方法と検査対象 / p26 (0018.jp2)
  16. 3.2 技術課題 / p29 (0019.jp2)
  17. 3.3 検出目標 / p31 (0020.jp2)
  18. 3.4 鋳肌面からの欠陥の検出 / p31 (0020.jp2)
  19. 3.5 実験装置 / p39 (0024.jp2)
  20. 3.6 欠陥検出アルゴリズム / p40 (0025.jp2)
  21. 3.7 欠陥判別方法 / p49 (0029.jp2)
  22. 3.8 多数個検査による検出精度の評価 / p55 (0032.jp2)
  23. 3.9 結言 / p58 (0034.jp2)
  24. 第4章 鋳物表面粗さの光学式測定法の開発 / p60 (0035.jp2)
  25. 4.1 従来の検査方法と検査対象 / p60 (0035.jp2)
  26. 4.2 光学的表面粗さ測定法の原理 / p63 (0036.jp2)
  27. 4.3 平板試料による基礎検討 / p65 (0037.jp2)
  28. 4.4 一方向頃斜時の傾斜角許容範囲の決定 / p68 (0039.jp2)
  29. 4.5 3次元形状を有する鋳物部品への適用検討 / p75 (0042.jp2)
  30. 4.6 測定対象領域決定用テンプレートの作成 / p83 (0046.jp2)
  31. 4.7 全表面測定結果 / p88 (0049.jp2)
  32. 4.8 結言 / p91 (0050.jp2)
  33. 第5章 鋳物き裂検査における磁粉探傷目視検査の自動化 / p93 (0051.jp2)
  34. 5.1 欠陥例と従来の検査方法 / p93 (0051.jp2)
  35. 5.2 き裂検出方法の選定 / p95 (0052.jp2)
  36. 5.3 技術課題 / p99 (0054.jp2)
  37. 5.4 実験装置 / p100 (0055.jp2)
  38. 5.5 磁粉探傷条件の検討 / p102 (0056.jp2)
  39. 5.6 画像処理方法の検討 / p114 (0062.jp2)
  40. 5.7 欠陥検出限度の検討 / p124 (0067.jp2)
  41. 5.8 結言 / p126 (0068.jp2)
  42. 第6章 総括 / p128 (0069.jp2)
  43. 謝辞 / p133 (0071.jp2)
  44. 参考文献 / p134 (0072.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174623
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174900
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338937
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ