海底熱水噴出孔を模倣した進化フローリアクターとその動作特性

この論文をさがす

著者

    • 今井, 栄一 イマイ, エイイチ

書誌事項

タイトル

海底熱水噴出孔を模倣した進化フローリアクターとその動作特性

著者名

今井, 栄一

著者別名

イマイ, エイイチ

学位授与大学

長岡技術科学大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第129号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1章 諸論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 化学進化 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 原始地球環境を想定したアミノ酸の重合 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 海底熱水噴出孔 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.4 地球最古の化石 / p4 (0008.jp2)
  7. 1.5 本研究の意義 / p5 (0009.jp2)
  8. 2章 進化フローリアクターの建設 / p7 (0011.jp2)
  9. 2.1 進化フローリアクターの基本設計 / p7 (0011.jp2)
  10. 2.2 進化フローリアクターの製作 / p9 (0013.jp2)
  11. 3章 実験方法 / p20 (0024.jp2)
  12. 3.1 試薬 / p20 (0024.jp2)
  13. 3.2 進化フローリアクターの運転 / p20 (0024.jp2)
  14. 3.3 HPLCによる生成物の同定 / p21 (0025.jp2)
  15. 3.4 グリシン2量体,3量体の生成 / p22 (0026.jp2)
  16. 3.5 進化フローリアクターの動作特性 / p23 (0027.jp2)
  17. 3.6 金属イオン添加における反応生成物 / p24 (0028.jp2)
  18. 4章 結果 / p25 (0029.jp2)
  19. 4.1 進化フローリアクターによる生成物の同定と定量 / p25 (0029.jp2)
  20. 4.2 グリシン2量体および3量体の生成 / p30 (0034.jp2)
  21. 4.3 進化フローリアクターの動作特性 / p35 (0039.jp2)
  22. 4.4 自己触媒機能の介在 / p42 (0046.jp2)
  23. 4.5 金属イオンによるオリゴペプチドの重合度の増大 / p46 (0050.jp2)
  24. 5章 考察 / p50 (0054.jp2)
  25. 5.1 海底熱水噴出孔近傍の熱水環境の実現 / p50 (0054.jp2)
  26. 5.2 進化フローリアクターの動作特性 / p50 (0054.jp2)
  27. 5.3 断熱障壁を備えた冷却を伴う進化フローリアクター / p52 (0056.jp2)
  28. 5.4 反応生成物の自己触媒的な増大 / p54 (0058.jp2)
  29. 5.5 ペプチド形成のためのジケトピペラジン / p55 (0059.jp2)
  30. 5.6 銅(II)イオンの触媒作用 / p56 (0060.jp2)
  31. 5.7 化学進化における進化フローリアクター / p59 (0063.jp2)
  32. 6章 結論 / p61 (0065.jp2)
  33. 7章 参考文献 / p63 (0067.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174637
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174914
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338951
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ