環境管理会計を中心とした環境情報測定システムに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 古田, 洋 フルタ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

環境管理会計を中心とした環境情報測定システムに関する研究

著者名

古田, 洋

著者別名

フルタ, ヒロシ

学位授与大学

青山学院大学

取得学位

博士(国際経営学)

学位授与番号

甲第71号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 〈目次〉 / (0003.jp2)
  2. 第1部 現状と問題点 / p1 (0005.jp2)
  3. 序章 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 第1章 環境問題と情報測定 / p10 (0014.jp2)
  5. 第1節 問題の提起とその意義 / p11 (0015.jp2)
  6. 1.深刻化する環境問題 / p11 (0015.jp2)
  7. 2.環境問題と企業 / p12 (0016.jp2)
  8. 3.環境情報測定システムの意義 / p13 (0017.jp2)
  9. 第2節 環境情報測定システムの位置付けと重要性 / p18 (0022.jp2)
  10. 1.ISO14001との関連 / p18 (0022.jp2)
  11. 2.会計領域との関連 / p20 (0024.jp2)
  12. 3.環境マネジメントとの関連 / p24 (0028.jp2)
  13. 4.エコロジカルアカウンタビリティとの関連 / p25 (0029.jp2)
  14. 第3節 求められる環境情報測定システムの姿 / p30 (0034.jp2)
  15. 1.管理会計の有用性喪失論 / p30 (0034.jp2)
  16. 2.環境問題に対応した経営形態 / p33 (0037.jp2)
  17. 3.有用な環境情報測定システムとは何か / p35 (0039.jp2)
  18. 第2章 現代の環境情報測定システム / p41 (0045.jp2)
  19. 第1節 環境会計略史 / p41 (0045.jp2)
  20. 1.環境会計の発展段階 / p41 (0045.jp2)
  21. 2.環境会計の萌芽期(1970年代以前) / p42 (0046.jp2)
  22. 3.環境会計の発展期(1980年代以降) / p43 (0047.jp2)
  23. 第2節 環境情報測定システムの現状 / p47 (0051.jp2)
  24. 1.会計技法の分類 / p47 (0051.jp2)
  25. 2.総合電機メーカーX社の場合 / p49 (0053.jp2)
  26. 3.東京電力の場合 / p51 (0055.jp2)
  27. 第2部 新しいアプローチ / p61 (0065.jp2)
  28. 第3章 次世代環境情報測定システム / p61 (0065.jp2)
  29. 第1節 次世代環境情報測定システムへのアプロ一チ / p61 (0065.jp2)
  30. 1.経営のエコロジー的側面 / p61 (0065.jp2)
  31. 2.リスクマネジメント / p63 (0067.jp2)
  32. 第2節 次世代環境情報測定システムの体系 / p66 (0070.jp2)
  33. 1.意思決定の分類 / p66 (0070.jp2)
  34. 2.純粋リスクと支出コスト / p67 (0071.jp2)
  35. 3.非純粋リスクと可視化できない無形の損失及び利得 / p68 (0072.jp2)
  36. 4.経済外リスクと社会的費用 / p69 (0073.jp2)
  37. 第3節 ソフトコンピューティング的アプローチの必要性 / p71 (0075.jp2)
  38. 1.環境関連情報の曖昧性 / p71 (0075.jp2)
  39. 2.ソフトコンピューティングの適用 / p74 (0078.jp2)
  40. 第4節 環境費用・環境負債コストの測定 / p78 (0082.jp2)
  41. 1.環境費用の測定 / p78 (0082.jp2)
  42. 2.環境負債コストの測定 / p79 (0083.jp2)
  43. 第5節 可視化できない無形の損失及び利得の測定 / p83 (0087.jp2)
  44. 1.利速の応用 / p83 (0087.jp2)
  45. 2.ファジー数の応用 / p86 (0090.jp2)
  46. 第6節 社会的費用の測定 / p89 (0093.jp2)
  47. 1.ライフサイクルコスティング(Life Cycle Costing:LCC) / p89 (0093.jp2)
  48. 2.生態的企業モデル / p91 (0095.jp2)
  49. 3.環境への影響度の測定 / p92 (0096.jp2)
  50. 4.知識創造による具体的展開 / p100 (0104.jp2)
  51. 第4章 環境情報測定システムの戦略的展開 / p107 (0111.jp2)
  52. 第1節 戦略的環境コストマネジメント / p107 (0111.jp2)
  53. 1.レベニュー・ドライバーの必要性 / p107 (0111.jp2)
  54. 2.レベニュー・ドライバーとは何か / p109 (0113.jp2)
  55. 3.レベニュー・ドライバーの活用 / p110 (0114.jp2)
  56. 第2節 環境情報測定システムへのアポトーシスの応用 / p116 (0120.jp2)
  57. 1.アポトーシスとは / p116 (0120.jp2)
  58. 2.アポトーシス適用の可能性 / p117 (0121.jp2)
  59. 3.アポトーシス適用の一例 / p118 (0122.jp2)
  60. 4.環境情報測定システムへの適用 / p120 (0124.jp2)
  61. 第5章 環境情報測定システムの構築 / p122 (0126.jp2)
  62. 第1節 環境情報測定システム採用の土台作り / p122 (0126.jp2)
  63. 1.環境情報測定システム部門の設置 / p122 (0126.jp2)
  64. 2.環境ネットワークシステムの構築 / p124 (0128.jp2)
  65. 3.トランスナショナル企業への進化の必要性 / p124 (0128.jp2)
  66. 第2節 環境情報測定システムの実際的適用 / p128 (0132.jp2)
  67. 1.オートポイエーシスの応用 / p128 (0132.jp2)
  68. 2.業績評価システム / p131 (0135.jp2)
  69. 第3節 ディープ・エコロジーと国際的協調 / p136 (0140.jp2)
  70. 1.ディープ・エコロジー概念の必要性 / p136 (0140.jp2)
  71. 2.国際的協調の必要性 / p138 (0142.jp2)
  72. 第6章 結論 / p140 (0144.jp2)
  73. 主要参考文献 / p143 (0147.jp2)
  74. 付属資料1 / p154 (0158.jp2)
  75. 付属資料2 / p155 (0159.jp2)
  76. 謝辞 / (0160.jp2)
  77. 研究業績他 / (0161.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174647
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174924
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338961
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ