西洋初期中世貴族の社会経済的基礎

この論文をさがす

著者

    • 石川, 操 イシカワ, ミサオ

書誌事項

タイトル

西洋初期中世貴族の社会経済的基礎

著者名

石川, 操

著者別名

イシカワ, ミサオ

学位授与大学

青山学院大学

取得学位

博士(経済学)

学位授与番号

乙第49号

学位授与年月日

1999-03-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 西洋初期中世貴族の社会経済的基礎 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序論 本書の研究課題 / p3 (0007.jp2)
  3. 第I部 初期フランク王国貴族の一般的性格 / (0010.jp2)
  4. 第1章 法律史料より見た初期フランク王国貴族 / p11 (0011.jp2)
  5. 第1節 まえがき / p11 (0011.jp2)
  6. 第2節『サリー法典』の人命金について / p16 (0014.jp2)
  7. 第3節 部族法典および諸勅令における貴族について / p22 (0017.jp2)
  8. 第4節 むすび / p28 (0020.jp2)
  9. 第2章 初期フランク王国におけるローマ人貴族 / p40 (0026.jp2)
  10. 第1節 まえがき / p40 (0026.jp2)
  11. 第2節 フランク王権によるガリア支配の一般的状況 / p41 (0026.jp2)
  12. 第3節 聖俗諸官職の担い手としてのセナートル貴族 / p45 (0028.jp2)
  13. 第4節 6世紀におけるセナートル貴族の一般的性格 / p50 (0031.jp2)
  14. 第5節 むすび / p53 (0032.jp2)
  15. 第3章 初期フランク王国における貴族と王権-グンドワルトの王位簒奪事件をめぐって- / p60 (0036.jp2)
  16. 第1節 まえがき / p60 (0036.jp2)
  17. 第2節 グンドワルトの王位簒奪事件の経過 / p62 (0037.jp2)
  18. 第3節 反乱貴族の群像 / p70 (0041.jp2)
  19. 第4節 むすび / p80 (0046.jp2)
  20. 第4章 フランク王国成立期における貴族 / p88 (0050.jp2)
  21. 第1節 まえがき / p88 (0050.jp2)
  22. 第2節 クロードヴェッヒ王の時代まで / p90 (0051.jp2)
  23. 第3節 6世紀前半における貴族の性格 / p96 (0054.jp2)
  24. 第4節 むすび / p102 (0057.jp2)
  25. 第5章 初期メロヴィング時代における貴族所領 / p112 (0062.jp2)
  26. 第1節 まえがき / p112 (0062.jp2)
  27. 第2節 『フランク史』における貴族所領に関する記述 / p114 (0063.jp2)
  28. 第3節 貴族権力の経済的・社会的基盤 / p120 (0066.jp2)
  29. 第4節 早期における貴族所領 / p123 (0067.jp2)
  30. 第6章 初期フランク王国貴族に関する考古学的所見 / p138 (0075.jp2)
  31. 第1節 まえがき / p138 (0075.jp2)
  32. 第2節 行列塚式墓地について / p140 (0076.jp2)
  33. 第3節 貴族墓について / p149 (0080.jp2)
  34. 第4節 むすび / p156 (0084.jp2)
  35. 第7章 「グリモ遺言状」とその所領 / p167 (0089.jp2)
  36. 第1節 まえがき / p167 (0089.jp2)
  37. 第2節 グリモとその一族 / p168 (0090.jp2)
  38. 第3節 グリモの所領(1)-遺言状の記録から / p172 (0092.jp2)
  39. 第4節 グリモの所領(2)-定住史的考察 / p175 (0093.jp2)
  40. 第5節 むすび / p179 (0095.jp2)
  41. 第8章 西洋初期中世の貴族支配 / p189 (0100.jp2)
  42. 第1節 まえがき / p189 (0100.jp2)
  43. 第2節 貴族の政治的地位 / p191 (0101.jp2)
  44. 第3節 貴族権力の経済的・社会的基盤 / p196 (0104.jp2)
  45. 第4節 貴族の法的地位 / p203 (0107.jp2)
  46. 第II部 エヒテルナッハ修道院所領の形成・発展とイルミナー族 / (0112.jp2)
  47. 第1章 フランク人女性貴族イルミナ(1) / p215 (0113.jp2)
  48. 第1節 まえがき / p215 (0113.jp2)
  49. 第2節 イルミナ伝承について / p216 (0114.jp2)
  50. 第3節 イルミナの所領について / p220 (0116.jp2)
  51. 第4節 イルミナの家系 / p225 (0118.jp2)
  52. 第5節 むすび / p232 (0122.jp2)
  53. 第2章 フランク人女性貴族イルミナ(2)-イルミナ一族の系譜関係とその政治的,社会経済的地位- / p242 (0127.jp2)
  54. 第1節 まえがき / p242 (0127.jp2)
  55. 第2節 イルミナ一族の系譜関係 / p243 (0127.jp2)
  56. 第3節 イルミナ一族の政治的,社会経済的地位 / p249 (0130.jp2)
  57. 第4節 むすび / p255 (0133.jp2)
  58. 第3章 エヒテルナッハ修道院所領の形成と初期フランク王国貴族 / p261 (0136.jp2)
  59. 第1節 まえがき / p261 (0136.jp2)
  60. 第2節 エヒテルナッハ修道院所領の形成 / p265 (0138.jp2)
  61. 第3節 エヒテルナッハ修道院所領の地域的分布とその性格 / p277 (0144.jp2)
  62. 第4節 むすび / p285 (0148.jp2)
  63. 第4章 西欧初期中世の「グルントヘルシャフト」-エヒテルナッハ修道院所領の形成とその構造をめぐって- / p293 (0152.jp2)
  64. 第1節 まえがき / p293 (0152.jp2)
  65. 第2節 「グルントヘルシャフト」に関する研究史の概要 / p294 (0153.jp2)
  66. 第3節 エヒテルナッハ修道院所領の形成とその構造 / p300 (0156.jp2)
  67. 第4節 「グルントヘルシャフト」の前史-ローマ時代のvillaとの関連について- / p309 (0160.jp2)
  68. 第5章 エヒテルナッハ修道院の創設と発展-イルミナ一族からカロリング家へ- / p322 (0167.jp2)
  69. 第1節 序に加えて-イルミナの生涯 / p322 (0167.jp2)
  70. 第2節 「グリモ遺言状」およびローマ時代のvillaとの関連 / p325 (0168.jp2)
  71. 第3節 初期中世エヒテルナッハに関する考古学的所見 / p329 (0170.jp2)
  72. 第4節 カロリング家による諸権利の保証と支配 / p330 (0171.jp2)
  73. 第5節 むすび / p334 (0173.jp2)
  74. あとがき / p343 (0177.jp2)
  75. 人名索引 / p347 (0179.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174651
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174928
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338965
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ