反応拡散を利用した金属/金属間化合物傾斜機能材料の開発

この論文をさがす

著者

    • 桐原, 聡秀 キリハラ, ソウシュウ

書誌事項

タイトル

反応拡散を利用した金属/金属間化合物傾斜機能材料の開発

著者名

桐原, 聡秀

著者別名

キリハラ, ソウシュウ

学位授与大学

茨城大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第74号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 学位論文要旨 / (0003.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 1 緒論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 従来の研究と本研究の関連 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的 / p4 (0010.jp2)
  6. 1.3 本論文の構成 / p6 (0012.jp2)
  7. 参考文献 / p7 (0013.jp2)
  8. 2 反応拡散を用いた傾斜機能材料作製法の原理 / p8 (0014.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p9 (0015.jp2)
  10. 2.2 共晶接合法の原理 / p9 (0015.jp2)
  11. 2.3 粉末共晶被覆法の原理 / p10 (0016.jp2)
  12. 2.4 粉末液相被覆法の原理 / p11 (0017.jp2)
  13. 2.5 従来の傾斜機能材料作製法との比較 / p11 (0017.jp2)
  14. 2.6 結言 / p13 (0019.jp2)
  15. 参考文献 / p13 (0019.jp2)
  16. 3 反応拡散を用いた傾斜機能材料作製の速度論 / p15 (0021.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p16 (0022.jp2)
  18. 3.2 共晶接合法の速度論 / p16 (0022.jp2)
  19. 3.3 粉末共晶被覆法の速度論 / p30 (0036.jp2)
  20. 3.4 粉末液相被覆法の速度論 / p38 (0044.jp2)
  21. 3.5 拡散係数の濃度依存性 / p48 (0054.jp2)
  22. 3.6 計算値と実験値の比較 / p52 (0058.jp2)
  23. 3.7 結言 / p58 (0064.jp2)
  24. 参考文献 / p59 (0065.jp2)
  25. 4 純金属/金属間化合物系の反応拡散と傾斜構造 / p61 (0067.jp2)
  26. 4.1 緒言 / p62 (0068.jp2)
  27. 4.2 共晶接合法によるTi/Ti₃Sn傾斜機能材料の作製 / p62 (0068.jp2)
  28. 4.3 共晶接合法によるTi/Ti₅Si₃傾斜機能材料の作製 / p67 (0073.jp2)
  29. 4.4 粉末共晶被覆法によるTi/Tl₅Si₃傾斜機能材料の作製 / p70 (0076.jp2)
  30. 4.5 粉末液相被覆法によるTi/Al₃Ti傾斜機能材料の作製 / p72 (0078.jp2)
  31. 4.6 結言 / p75 (0081.jp2)
  32. 参考文献 / p76 (0082.jp2)
  33. 5 実用合金に対する金属間化合物の傾斜機能被覆 / p77 (0083.jp2)
  34. 5.1 緒言 / p78 (0084.jp2)
  35. 5.2 α+β型Ti合金に対する傾斜機能被覆 / p78 (0084.jp2)
  36. 5.3 強析出型Ni基合金に対する傾斜機能被覆 / p80 (0086.jp2)
  37. 5.4 マルテンサイト系ステンレス鋼に対する傾斜機能被覆 / p83 (0089.jp2)
  38. 5.5 結言 / p86 (0092.jp2)
  39. 参考文献 / p87 (0093.jp2)
  40. 6 結論 / p88 (0094.jp2)
  41. 論文の公表 / p92 (0098.jp2)
  42. 謝辞 / p95 (0101.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174735
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175012
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339049
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ