キク科コウヤボウキ連の林床環境への適応と生活史戦略

この論文をさがす

著者

    • 河原崎, 里子 カワラサキ, サトコ

書誌事項

タイトル

キク科コウヤボウキ連の林床環境への適応と生活史戦略

著者名

河原崎, 里子

著者別名

カワラサキ, サトコ

学位授与大学

茨城大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第97号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1.序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 2.材料 / p5 (0010.jp2)
  4. 2.1 カシワバハグマ(Pertya robusta) / p5 (0010.jp2)
  5. 2.2 オヤリハグマ(Pertya triloba) / p5 (0010.jp2)
  6. 2.3 クルマバハグマ(Pertya rigidula) / p5 (0010.jp2)
  7. 2.4 コウヤボウキ(Pertya scan dens) / p6 (0011.jp2)
  8. 2.5 オクモミジハグマ(Ainsliaea acerifolia var.subapoda) / p6 (0011.jp2)
  9. 3.調査地 / p12 (0017.jp2)
  10. 3.1 小川学術参考保存林とその周辺 / p12 (0017.jp2)
  11. 3.2 水戸市田野 / p13 (0018.jp2)
  12. 3.3 福島県田島町 / p14 (0019.jp2)
  13. 4.冷温帯域に同所的に生育するコウヤボウキ連3種(カシワバハグマ,オヤリハグマ,オクモミジハグマ)の季節的成長様式 / p19 (0024.jp2)
  14. 4.1 序論 / p19 (0024.jp2)
  15. 4.2 方法 / p19 (0024.jp2)
  16. 4.3 結果 / p23 (0028.jp2)
  17. 4.4 議論 / p28 (0033.jp2)
  18. 5.光環境勾配に対する反応 / p42 (0047.jp2)
  19. 5.1 生育地の光環境勾配に対するコウヤボウキ連4種とその他のキク科4種の生理的反応の比較 / p42 (0047.jp2)
  20. 5.2 異なる光環境における個体群構造 / p60 (0065.jp2)
  21. 6.花粉媒介者と植物体サイズに決定されるフローラルディスプレイ / p71 (0076.jp2)
  22. 6.1 序論 / p71 (0076.jp2)
  23. 6.2 方法 / p72 (0077.jp2)
  24. 6.3 結果 / p73 (0078.jp2)
  25. 6.4 議論 / p74 (0079.jp2)
  26. 7.カシワバハグマとオヤリハグマの頭花あたりの小花数と食害圧 / p80 (0085.jp2)
  27. 7.1 序論 / p80 (0085.jp2)
  28. 7.2 材料 / p81 (0086.jp2)
  29. 7.3 方法 / p81 (0086.jp2)
  30. 7.4 結果 / p82 (0087.jp2)
  31. 7.5 議論 / p84 (0089.jp2)
  32. 8.個体群の維持機構 / p93 (0098.jp2)
  33. 8.1 序論 / p93 (0098.jp2)
  34. 8.2 調査地と方法 / p93 (0098.jp2)
  35. 8.3 結果 / p94 (0099.jp2)
  36. 8.4 議論 / p96 (0101.jp2)
  37. 9.議論 / p105 (0110.jp2)
  38. 10.摘要 / p108 (0113.jp2)
  39. 謝辞 / p111 (0116.jp2)
  40. 引用文献 / p112 (0117.jp2)
  41. 附表 / p119 (0124.jp2)
  42. Summary / p121 (0126.jp2)
12アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174758
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175035
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339072
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ