Exploitation of the continuum between early ischemia/reperfusion injury and host allo-responsiveness : indefinite kidney allograft survival by treatment with a soluble P-selectin ligand and low dose cyclosporine in combination 臓器移植における虚血再潅流障害と抗原特異的反応の関連性 : ラット腎急性拒絶反応モデルに対するセレクチンリガンドの効果と低濃度シクロスポリン併用療法の有用性

この論文をさがす

著者

    • 日下, 守 クサカ, マモル

書誌事項

タイトル

Exploitation of the continuum between early ischemia/reperfusion injury and host allo-responsiveness : indefinite kidney allograft survival by treatment with a soluble P-selectin ligand and low dose cyclosporine in combination

タイトル別名

臓器移植における虚血再潅流障害と抗原特異的反応の関連性 : ラット腎急性拒絶反応モデルに対するセレクチンリガンドの効果と低濃度シクロスポリン併用療法の有用性

著者名

日下, 守

著者別名

クサカ, マモル

学位授与大学

大阪医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第572号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174944
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175221
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339258
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ