Serum neopterin assay to interpret the main cause of chronic liver damage involved with plural etiological factors 原因が混在する慢性肝障害の主因の解釈における血清ネオプテリンの測定意義

この論文をさがす

著者

    • 吉本, 悟峰 ヨシモト, サトミネ

書誌事項

タイトル

Serum neopterin assay to interpret the main cause of chronic liver damage involved with plural etiological factors

タイトル別名

原因が混在する慢性肝障害の主因の解釈における血清ネオプテリンの測定意義

著者名

吉本, 悟峰

著者別名

ヨシモト, サトミネ

学位授与大学

大阪医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第582号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174954
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175231
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339268
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ