大腸発がん予防を指標とした甘草およびisoliquiritigeninの研究

この論文をさがす

著者

    • 馬場, 正樹 ババ, マサキ

書誌事項

タイトル

大腸発がん予防を指標とした甘草およびisoliquiritigeninの研究

著者名

馬場, 正樹

著者別名

ババ, マサキ

学位授与大学

明治薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第31号

学位授与年月日

1999-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 本論 / (0003.jp2)
  4. 第1章 甘草および漢方方剤の大腸発がん予防効果 / p7 (0011.jp2)
  5. 序節 / p7 (0011.jp2)
  6. 第1節 消化器系疾患に適応する漢方方剤の大腸粘膜異常腺窩巣発生に対する抑制効果 / p7 (0011.jp2)
  7. 第2節 エジプト産甘草の大腸粘膜異常腺窩巣発生に対する抑制効果 / p10 (0014.jp2)
  8. 第3節 エジプト産甘草の品質評価 / p14 (0018.jp2)
  9. 第4節 エジプト産甘草脂溶性画分の成分検索 / p15 (0019.jp2)
  10. 第5節 エジプト産甘草の大腸発がん抑制効果 / p25 (0029.jp2)
  11. 考察 / p27 (0031.jp2)
  12. 第2章 isoliquiritigeninによる大腸発がん抑制効果 / p30 (0034.jp2)
  13. 序節 / p30 (0034.jp2)
  14. 第1節 isoliquiritigeninのRethino Blastoma(RB) promoterに対する効果 / p30 (0034.jp2)
  15. 第2節 isoliquiritigeninのマウス大腸粘膜異常腺窩巣発生に対する効果 / p32 (0036.jp2)
  16. 第3節 isoliquiritigeninのマウス大腸発がん試験における効果 / p34 (0038.jp2)
  17. 考察 / p42 (0046.jp2)
  18. 第3章 大腸発がん実験系の確立 / p45 (0049.jp2)
  19. 序節 / p45 (0049.jp2)
  20. 第1節 マウスにおける大腸粘膜異常腺窩巣(aberrantcrypt foci)発生試験系の検討 / p45 (0049.jp2)
  21. 第2節 マウス大腸発がん試験系の検討 / p51 (0055.jp2)
  22. 考察 / p54 (0058.jp2)
  23. 総合考察 / (0062.jp2)
  24. 結語 / p58 (0062.jp2)
  25. 謝辞 / p60 (0064.jp2)
  26. 実験の部 / p63 (0067.jp2)
  27. 参考文献 / p78 (0082.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174984
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175261
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339298
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ