Norharmanのco-mutagenic作用機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 戸塚, ゆ加里 トツカ, ユカリ

書誌事項

タイトル

Norharmanのco-mutagenic作用機構に関する研究

著者名

戸塚, ゆ加里

著者別名

トツカ, ユカリ

学位授与大学

明治薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第82号

学位授与年月日

1999-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略語 / (0005.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0006.jp2)
  4. 結果 / p9 (0014.jp2)
  5. 第1章 Norharmanのco-mutagenic作用 / p9 (0014.jp2)
  6. 第1節 Norharmanとanilineの共存下で生成するDNA付加体の検出 / p9 (0014.jp2)
  7. 1.³²P-ポストラベル法によるDNA付加体の解析 / p13 (0018.jp2)
  8. 2.Norharmanとanilineの共存下において生成するDNA付加体レベルの経時的変化とS9濃度の影響 / p15 (0020.jp2)
  9. 第2節 Norharmanと3種のtoluidine異性体の共存下において生成するDNA付加体の検出 / p19 (0024.jp2)
  10. 第3節 Norharmanと芳香族アミンの共存下におけるDNA付加体生成と変異原性発現との関係 / p22 (0027.jp2)
  11. 第4節 Norharmanと芳香族アミンの共存下において生成するDNA付加体及び変異原性発現へのO-アセチル転移酵素の関与 / p24 (0029.jp2)
  12. 第2章 Norharmanと芳香族アミン共存下に生成する変異原物質の単離及び構造決定 / p28 (0033.jp2)
  13. 第1節 Norharmanとaniline共存下に生成する新規変異原物質 / p28 (0033.jp2)
  14. 1.間接変異原物質の構造決定 / p28 (0033.jp2)
  15. 2.直接変異原物質の構造決定 / p39 (0044.jp2)
  16. 第2節 Norharmanとo-toluidine共存下に生成する新規変異原物質 / p42 (0047.jp2)
  17. 1.間接変異原物質の構造決定 / p52 (0057.jp2)
  18. 2.直接変異原物質の同定 / p57 (0062.jp2)
  19. 第3章 Norharmanと芳香族アミンより生成する変異原物質の生物活性 / p60 (0065.jp2)
  20. 第1節 Aminophenylnorharman及びaminomethylphenylnorharmanの変異原活性 / p60 (0065.jp2)
  21. 1.変異原活性発現の至適S9濃度 / p60 (0065.jp2)
  22. 2.各種サルモネラ変異株に対する変異原活性 / p63 (0068.jp2)
  23. 第2節 Aminophenylnorharman及びaminomethylphenylnorharmanによるDNA付加体生成 / p65 (0070.jp2)
  24. 1.AminophenylnorharmanによるDNA付加体生成 / p65 (0070.jp2)
  25. 2.AminomethylphenylnorharmanによるDNA付加体生成 / p67 (0072.jp2)
  26. 考察 / p69 (0074.jp2)
  27. まとめ / p75 (0080.jp2)
  28. 実験の部 / p77 (0082.jp2)
  29. 謝辞 / p93 (0098.jp2)
  30. 文献 / p94 (0099.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174987
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175264
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339301
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ