三次元物体形状の脳内表現と認識機構

この論文をさがす

著者

    • 仁科, 繁明 ニシナ, シゲアキ

書誌事項

タイトル

三次元物体形状の脳内表現と認識機構

著者名

仁科, 繁明

著者別名

ニシナ, シゲアキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第8073号

学位授与年月日

2000-01-24

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8073号

文博第144号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p5 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p9 (0007.jp2)
  4. 1.1 物体を認識するということ / p10 (0008.jp2)
  5. 1.2 形状の記憶表現と座標系 / p11 (0008.jp2)
  6. 1.3 新奇物体の認識 / p14 (0010.jp2)
  7. 1.4 物体中心座標系に基づく形状表現と認識 / p15 (0010.jp2)
  8. 1.5 観察者中心座標系に基づく形状表現と認識 / p20 (0013.jp2)
  9. 1.6 本論文の構成と各章の概要 / p26 (0016.jp2)
  10. 第2章 物体認識の視点依存性 / p29 (0017.jp2)
  11. 2.1 はじめに / p30 (0018.jp2)
  12. 2.2 実験1 / p32 (0019.jp2)
  13. 2.3 物体形状の認識プロセス / p36 (0021.jp2)
  14. 2.4 実験2 / p37 (0021.jp2)
  15. 2.5 まとめ / p40 (0023.jp2)
  16. 第3章 汎化と学習 / p43 (0024.jp2)
  17. 3.1 はじめに / p44 (0025.jp2)
  18. 3.2 実験 / p45 (0025.jp2)
  19. 第4章 三次元構造情報の利用 / p55 (0030.jp2)
  20. 4.1 はじめに / p56 (0031.jp2)
  21. 4.2 実験 / p57 (0031.jp2)
  22. 4.3 二つのプロセスの分離 / p61 (0033.jp2)
  23. 第5章 汎化に対する複雑さの効果 / p65 (0035.jp2)
  24. 5.1 はじめに / p66 (0036.jp2)
  25. 5.2 実験 / p71 (0038.jp2)
  26. 5.3 まとめ / p78 (0042.jp2)
  27. 第6章 総合的考察 / p81 (0043.jp2)
  28. 6.1 物体認識の視点依存性 / p82 (0044.jp2)
  29. 6.2 汎化の学習のカテゴリ依存性と三次元構造情報の利用 / p82 (0044.jp2)
  30. 6.3 二種類の形状比較プロセス / p83 (0044.jp2)
  31. 6.4 人間の物体認識のメカニズム / p84 (0045.jp2)
  32. 6.5 残された問題 / p84 (0045.jp2)
  33. 第7章 謝辞 / p87 (0046.jp2)
  34. 第8章 筆者研究業績 / p89 (0047.jp2)
  35. 参考文献 / p93 (0049.jp2)
  36. 補遺A 刺激形状の作成方法 / p103 (0054.jp2)
  37. A.1 ペーパクリップ / p103 (0054.jp2)
  38. 補遺B 要素形状からのマッチング難易度の推定 / p105 (0055.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185024
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185306
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349338
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ