新たな解析システムを用いたマウス反射性眼球運動における一酸化窒素合成酵素の役割に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 明 カトウ, アキラ

書誌事項

タイトル

新たな解析システムを用いたマウス反射性眼球運動における一酸化窒素合成酵素の役割に関する研究

著者名

加藤, 明

著者別名

カトウ, アキラ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第8081号

学位授与年月日

2000-01-24

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第8081号

理博第2136号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一章 マウス反射性眼球運動の基本的性質の解析 / p2 (0007.jp2)
  5. 序論 / p2 (0007.jp2)
  6. 材料と方法 / p3 (0008.jp2)
  7. 結果 / p5 (0010.jp2)
  8. 考察 / p8 (0013.jp2)
  9. 第二章 反射性眼球運動におけるNOの役割 / p10 (0015.jp2)
  10. 序論 / p10 (0015.jp2)
  11. 材料と方法 / p11 (0016.jp2)
  12. 結果 / p13 (0018.jp2)
  13. 考察 / p15 (0020.jp2)
  14. 第三章 Gfap変異マウスにおける反射性眼球運動の解析 / p18 (0023.jp2)
  15. 序論 / p18 (0023.jp2)
  16. 材料と方法 / p18 (0023.jp2)
  17. 結果 / p20 (0025.jp2)
  18. 考察 / p22 (0027.jp2)
  19. 総括 / p23 (0028.jp2)
  20. 要旨 / p25 (0030.jp2)
  21. 謝辞 / p26 (0031.jp2)
  22. 文献 / p27 (0032.jp2)
  23. 図 / (0038.jp2)
  24. Mice Devoid of the Glial Fibrillary Acidic Protein Develop Normally and Are Susceptible to Scrapie Prions / (0093.jp2)
  25. Deficient Cerebellar Long-Term Depression,Impaired Eyeblink Conditioning,and Normal Motor Coordination in GFAP Mutant Mice / (0107.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185032
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185314
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349346
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ