宗教的実存の展開

この論文をさがす

著者

    • 山下, 秀智 ヤマシタ, ヒデトモ

書誌事項

タイトル

宗教的実存の展開

著者名

山下, 秀智

著者別名

ヤマシタ, ヒデトモ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第10286号

学位授与年月日

2000-01-24

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10286号

論文博第379号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0003.jp2)
  3. 序論 宗教の存在根拠 / p1 (0007.jp2)
  4. 第一章 宗教的実存への階梯 / p5 (0011.jp2)
  5. 第一節 真理伝達における二重性の意義 / p5 (0011.jp2)
  6. 一 序論 / p5 (0011.jp2)
  7. ニ ソクラテスの間接伝達 / p7 (0013.jp2)
  8. 三 イエス・キリストにおける二重性 / p11 (0017.jp2)
  9. 第二節 キェルケゴールにおける宗教的実存への階梯 / p20 (0026.jp2)
  10. 一 仮名の著者 / p20 (0026.jp2)
  11. 二 根源的なものの把握-キェルケゴールの学生生活 / p21 (0027.jp2)
  12. 三 実存の三段階説の萌芽-ギーレライエの手記 / p23 (0029.jp2)
  13. 四 罪業の引受けと廻心-大地震について / p26 (0032.jp2)
  14. 五 レギーネ体験と神の使者の自覚 / p29 (0035.jp2)
  15. 六 審美的実存の矛盾と倫理的実存-『これか-あれか』の主題 / p30 (0036.jp2)
  16. 七 受取り直しの概念-『受取り直し』と『畏れとおののき』の主題 / p38 (0044.jp2)
  17. 八 原罪と不安-『不安の概念』の主題 / p40 (0046.jp2)
  18. 九 『人生行路の諸段階』-倫理的実存から宗教的実存ヘ / p44 (0050.jp2)
  19. 一○ 『哲学的断片』『哲学的断片への結びの学問外れな後書』-人知による宗教的実存への階梯の基礎付け / p45 (0051.jp2)
  20. 一一 コルサァー事件の意義 / p50 (0056.jp2)
  21. 一二 キリスト教的な愛の概念-『愛の業』の主題 / p52 (0058.jp2)
  22. 一三 『死に至る病』-アンチ・クリマクスによる絶望の分析 / p58 (0064.jp2)
  23. 一四 『キリスト教への修練』-アンチ・クリマクスによる救済の提示 / p67 (0073.jp2)
  24. 一五 教会闘争の意義 / p71 (0077.jp2)
  25. 第三節 親鸞における宗教的実存への階梯 / p78 (0084.jp2)
  26. 一 仏教における二重性の問題(顕彰隠密の概念) / p78 (0084.jp2)
  27. 二 三願転入について / p83 (0089.jp2)
  28. 三 第十九願の機 / p84 (0090.jp2)
  29. 四 第二十願の機 / p87 (0093.jp2)
  30. 第二章 自覚としての宗教的実存 / p93 (0099.jp2)
  31. 第一節 自覚について / p93 (0099.jp2)
  32. 一 自覚Aと自覚B / p93 (0099.jp2)
  33. 二 西田哲学の自覚 / p95 (0101.jp2)
  34. 三 人間存在の二重性と自覚 / p98 (0104.jp2)
  35. 四 四分と一般者 / p100 (0106.jp2)
  36. 五 二つの自覚の関連 / p102 (0108.jp2)
  37. 六 真の自覚の根底 / p104 (0110.jp2)
  38. 七 行の意義 / p107 (0113.jp2)
  39. 八 ハイデガーの哲学観と自覚 / p109 (0115.jp2)
  40. 第二節 根底の自覚-キェルケゴールと唯識思想 / p116 (0122.jp2)
  41. 一 矛盾について / p116 (0122.jp2)
  42. 二 末那識の発見 / p118 (0124.jp2)
  43. 三 自覚の無限性(唯識の四分について) / p121 (0127.jp2)
  44. 四 絶望の由来と自覚 / p122 (0128.jp2)
  45. 第三節 根底の自覚-『教行信証』をめぐつて / p129 (0135.jp2)
  46. 一 問題の所在 / p129 (0135.jp2)
  47. 二 人間の現実 / p131 (0137.jp2)
  48. 三 自力無効の自覚(三願転入) / p133 (0139.jp2)
  49. 四 如来の意義について / p138 (0144.jp2)
  50. 五 至心・信楽・欲生 / p140 (0146.jp2)
  51. 六 勅命の信楽 / p142 (0148.jp2)
  52. 第四節 自覚と言葉-ハイデガーの言語論をめぐって / p145 (0151.jp2)
  53. 一 言葉の不思議 / p145 (0151.jp2)
  54. 二 情態性 / p147 (0153.jp2)
  55. 三 理解・解釈・陳述 / p148 (0154.jp2)
  56. 四 言葉 / p151 (0157.jp2)
  57. 五 前期ハイデガーの言語観の問題点 / p154 (0160.jp2)
  58. 六 一体二重性(Zwiefelt)について / p157 (0163.jp2)
  59. 七 区-別(Unter-Schied) / p162 (0168.jp2)
  60. 第三章 親鸞の宗教世界 / p170 (0176.jp2)
  61. 第一節 親鸞における自然 / p170 (0176.jp2)
  62. 一 序論 / p170 (0176.jp2)
  63. 二 惑業苦の三道 / p170 (0176.jp2)
  64. 三 本願の世界 / p174 (0180.jp2)
  65. 四 無為自然 / p178 (0184.jp2)
  66. 第二節 浄土の風光 / p184 (0190.jp2)
  67. 一 浄土の原風景 / p184 (0190.jp2)
  68. 二 網の世界 / p185 (0191.jp2)
  69. 三 広略相入 / p186 (0192.jp2)
  70. 四 頑石の自覚 / p188 (0194.jp2)
  71. 五 国土の荘厳 / p188 (0194.jp2)
  72. 六 仏の荘厳・菩薩の荘厳 / p192 (0198.jp2)
  73. 第四章 いのちの再発見 / p196 (0202.jp2)
  74. 一 根本無明 / p196 (0202.jp2)
  75. 二 移行の問 / p199 (0205.jp2)
  76. 三 体系の秘密 / p201 (0207.jp2)
  77. 四 プラトンにおける移行 / p203 (0209.jp2)
  78. 五 キェルケゴールの瞬間 / p204 (0210.jp2)
  79. 六 瞬間概念を軸とした実存論 / p207 (0213.jp2)
12アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185054
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185336
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349368
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ