「ある/いる」構文の研究

この論文をさがす

著者

    • 新居田, 純野 ニイダ, スミノ

書誌事項

タイトル

「ある/いる」構文の研究

著者名

新居田, 純野

著者別名

ニイダ, スミノ

学位授与大学

お茶の水女子大学

取得学位

博士 (人文科学)

学位授与番号

甲第116号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 はじめに / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 先行研究について / p3 (0008.jp2)
  4. 注 / p15 (0020.jp2)
  5. 第3章 「Yニ Xがある/いる」形式について / p16 (0021.jp2)
  6. 3.1 はじめに / p16 (0021.jp2)
  7. 3.2 文中におけるXとYの担う役割について / p18 (0023.jp2)
  8. 第4章 「Xがある/いる」のあらわす意味的内容(I) / p24 (0029.jp2)
  9. 4.1 はじめに / p24 (0029.jp2)
  10. 4.2 「Xがある/いる」のあらわす意味的内容 / p24 (0029.jp2)
  11. 4.3 【存在】 / p25 (0030.jp2)
  12. 4.4 【所属】 / p28 (0033.jp2)
  13. 4.5 【所有】 / p28 (0033.jp2)
  14. 4.6 【外在】 / p30 (0035.jp2)
  15. 4.7 【(デキゴトの)実現】 / p30 (0035.jp2)
  16. 4.8 まとめ / p33 (0038.jp2)
  17. 第5章 「Xがある/いる」のあらわす意味的内容(II) / p34 (0039.jp2)
  18. 5.1 はじめに / p34 (0039.jp2)
  19. 5.2 【存在】について / p34 (0039.jp2)
  20. 5.3 【所属】について / p37 (0042.jp2)
  21. 5.4 【所有】について / p38 (0043.jp2)
  22. 5.5 【外在について】 / p41 (0046.jp2)
  23. 5.6 【(デキゴトの)実現】について / p43 (0048.jp2)
  24. 5.7 まとめ / p45 (0050.jp2)
  25. 注 / p49 (0054.jp2)
  26. 第6章 「Xがある/いる」をめぐる様々な問題について / p50 (0055.jp2)
  27. 6.1 はじめに / p50 (0055.jp2)
  28. 6.2 意味的内容があいまいなものについて / p50 (0055.jp2)
  29. 6.3 「存在」における名詞述語文「XはYだ」形式について / p53 (0058.jp2)
  30. 6.4 「所有」について / p54 (0059.jp2)
  31. 6.5 「ある」と「いる」の使いわけについて / p63 (0068.jp2)
  32. 6.6 経験をあらわす「したことがある」と「経験を持っている」について / p70 (0075.jp2)
  33. 6.7 【(デキゴトの)実現】について / p74 (0079.jp2)
  34. 6.8 時々起こりをあらわす「することがある」について / p80 (0085.jp2)
  35. 6.9 「客がある」の持つパーフェクト性について / p81 (0086.jp2)
  36. 6.10 「人がいる」の持つアスペクト性について / p82 (0087.jp2)
  37. 6.11 「Xがある/いる」を存在時間から眺める / p83 (0088.jp2)
  38. 6.12 「Xがある/いる」のあらわす意味的内容の相互関係について / p89 (0094.jp2)
  39. 注 / p92 (0097.jp2)
  40. おわりに / p93 (0098.jp2)
  41. 謝辞 / p94 (0099.jp2)
  42. 参考文献 / p95 (0100.jp2)
  43. 参考資料 / p99 (0104.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185107
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185389
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349421
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ