ビトロネクチン抗体で認識される新規核蛋白質の遺伝子のクローニングと機能に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 李, 周洋 イ, ジュヤン

書誌事項

タイトル

ビトロネクチン抗体で認識される新規核蛋白質の遺伝子のクローニングと機能に関する研究

著者名

李, 周洋

著者別名

イ, ジュヤン

学位授与大学

お茶の水女子大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第129号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序 / p1 (0009.jp2)
  3. 1-1.本研究の目的 / p1 (0009.jp2)
  4. 1-2.本論文の構成 / p1 (0009.jp2)
  5. 1-3.これまでのビトロネクチンの研究 / p2 (0010.jp2)
  6. 第2章 転移性メラノーマ細胞核に存在するビトロネクチン抗体と反応する蛋白質 / p7 (0015.jp2)
  7. 2-1.はじめに / p7 (0015.jp2)
  8. 2-2.実験材料と実験方法 / p8 (0016.jp2)
  9. 2-3.結果 / p13 (0021.jp2)
  10. 2-4.考察 / p17 (0025.jp2)
  11. 第3章 ビトロネクチン抗体で認識される新規核蛋白質ZAN75の遺伝子のクローニングと性状 / p21 (0029.jp2)
  12. 3-1.はじめに / p21 (0029.jp2)
  13. 3-2.実験材料と実験方法 / p22 (0030.jp2)
  14. 3-3.結果 / p31 (0039.jp2)
  15. 3-4.考察 / p48 (0056.jp2)
  16. 第4章 ZAN75の生物学的機能の解析 / p52 (0060.jp2)
  17. 4-1.はじめに / p52 (0060.jp2)
  18. 4-2.実験材料と実験方法 / p53 (0061.jp2)
  19. 4-3 結果 / p56 (0064.jp2)
  20. 4-4.考察 / p58 (0066.jp2)
  21. 第5章 まとめ / p65 (0073.jp2)
  22. 5-1.抗ラットビトロネクチン抗体と反応する新規核蛋白質の同定 / p65 (0073.jp2)
  23. 5-2.ZAN75の性状 / p65 (0073.jp2)
  24. 5-3.ZAN75の発現検討 / p67 (0075.jp2)
  25. 5-4.転写因子ZAN75研究の新しい展開の可能性 / p67 (0075.jp2)
  26. 謝辞 / p69 (0077.jp2)
  27. 参考文献 / p70 (0078.jp2)
  28. 参考論文1. A protein reacted with anti-vitronectin antibody accumulates in tumors derived from B16F10 melanoma cells(Cell Struct.Funct.23,193-199,1998) / p78 (0086.jp2)
  29. 参考論文2. Cloning and characterization of a novel zinc finger protein that associates with nuclear matrix(DNA and Cell Biology 17,849-858,1998) / p85 (0093.jp2)
  30. 学会発表要旨1.第50回日本細胞生物学会大会 / p95 (0103.jp2)
  31. 2.第3回アジア・太平洋細胞生物学会議 / p96 (0104.jp2)
  32. 参考資料 Structure and function of vitronectin (Trends Glycosci.Glycotechnol.8,327-339,1996) / p97 (0105.jp2)
  33. 論文要旨 / p5 (0007.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185120
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185402
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349434
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ