アメリカ外貨換算会計論

この論文をさがす

著者

    • 井上, 達男 イノウエ, タツオ

書誌事項

タイトル

アメリカ外貨換算会計論

著者名

井上, 達男

著者別名

イノウエ, タツオ

学位授与大学

関西学院大学

取得学位

博士 (商学)

学位授与番号

乙第249号

学位授与年月日

2000-01-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / 目次9 / (0007.jp2)
  2. 増補改訂版にあたって / p1 (0003.jp2)
  3. まえがき / p5 (0005.jp2)
  4. 第1章 外貨換算会計と会計研究 / p3 (0012.jp2)
  5. 第1節 外貨換算会計の収要性と会計研究 / p3 (0012.jp2)
  6. 第2節 外貨換算基準の発展に関する研究 / p4 (0013.jp2)
  7. 第3節 会計研究アプローチによる体系化の必要性とパラダイム / p6 (0014.jp2)
  8. 第4節 会計研究アプローチによる分類 / p9 (0015.jp2)
  9. 第5節 本書の構成 / p15 (0018.jp2)
  10. 第2章 外貨換算会計の発生と流動・非流動法(第1期) / p19 (0020.jp2)
  11. 第1節 米国外貨換算基準発展の第1期 / p19 (0020.jp2)
  12. 第2節 外貨換算会計の発生 / p19 (0020.jp2)
  13. 第3節 流動・非流動法の原型 / p21 (0021.jp2)
  14. 第4節 流動・非流動法の確立と制度化 / p26 (0024.jp2)
  15. 第5節 第1期の要約 / p29 (0025.jp2)
  16. 第3章 貨幣・非貨幣法の提唱と容認(第2期) / p33 (0027.jp2)
  17. 第1節 米国外貨換算基準発展の第2期 / p33 (0027.jp2)
  18. 第2節 国際経済の混乱と外貨換算 / p34 (0028.jp2)
  19. 第3節 貨幣・非貨幣法の提唱 / p38 (0030.jp2)
  20. 第4節 貨幣・非貨幣法の容認 / p42 (0032.jp2)
  21. 第5節 第2期の要約 / p45 (0033.jp2)
  22. 第4章 テンポラル法の採用と矛盾(第3期) / p49 (0035.jp2)
  23. 第1節 米国外貨換算基準発展の第3期 / p49 (0035.jp2)
  24. 第2節 テンポラル法の提唱とその理論 / p49 (0035.jp2)
  25. 第3節 SFAS第8号におけるテンポラル法の採用 / p56 (0039.jp2)
  26. 第4節 経済的現実とイクスポージャー / p58 (0040.jp2)
  27. 第5節 SFAS第8号の経済的影響に関する考察 / p65 (0043.jp2)
  28. 第6節 第3期の要約 / p70 (0046.jp2)
  29. 第5章 機能通貨換算アプローチの導入(第4期) / p77 (0049.jp2)
  30. 第1節 米国外貨換算基準発展の第4期 / p77 (0049.jp2)
  31. 第2節 外貨換算会計解決への諸アプローチ / p78 (0050.jp2)
  32. 第3節 SFAS第52号の特徴 / p84 (0053.jp2)
  33. 第4節 SFAS第52号の課題 / p86 (0054.jp2)
  34. 第5節 米国外貨換算基準の発展とその成果 / p91 (0056.jp2)
  35. 第6章 分析アプローチと外貨換算会計 / p95 (0058.jp2)
  36. 第1節 外貨換算に関する分析モデル / p96 (0059.jp2)
  37. 第2節 Patzの購買力平価換算モデル / p108 (0065.jp2)
  38. 第3節 購買力平価換算に関する実証研究 / p114 (0068.jp2)
  39. 第4節 Wyman(1976)の保有損益分析モデル / p118 (0070.jp2)
  40. 第5節 分析アプローチの研究結果 / p122 (0072.jp2)
  41. 第7章 経済的影響-市場反応アプローチと外貨換算会計 / p125 (0073.jp2)
  42. 第1節 情報アプローチの台頭と証券市場反応研究 / p125 (0073.jp2)
  43. 第2節 SFAS第8号に対する市場反応研究 / p130 (0076.jp2)
  44. 第3節 SFAS第52号に対する市場反応研究 / p140 (0081.jp2)
  45. 第4節 SFAS第8号とSFAS第52号の市場反応の再調査 / p145 (0083.jp2)
  46. 第5節 市場反応アプローチの調査結果の要約 / p150 (0086.jp2)
  47. 第8章 経済的影響-行動アプローチと外貨換算会計 / p155 (0088.jp2)
  48. 第1節 経済的影響-行動アプローチの台頭と目的 / p155 (0088.jp2)
  49. 第2節 SFAS第8号による経営者への影響 / p158 (0090.jp2)
  50. 第3節 SFAS第52号による経営者・アナリストへの影響 / p164 (0093.jp2)
  51. 第4節 機能通貨に関する経営者の意思決定 / p173 (0097.jp2)
  52. 第5節 経済的影響-行動アプローチ実証結果の総括 / p178 (0100.jp2)
  53. 第9章「実証会計理論」アプローチと外貨換算会計 / p181 (0101.jp2)
  54. 第1節「実証会計理論」の目的とその概要 / p181 (0101.jp2)
  55. 第2節 SFAS第8号と経営者のロビー行動 / p184 (0103.jp2)
  56. 第3節 SFAS第52号と経営者のロビー活動 / p193 (0107.jp2)
  57. 第4節 SFAS第52号早期適用企業の性質 / p199 (0110.jp2)
  58. 第5節「実証会計理論」の成果と批判 / p211 (0116.jp2)
  59. 第10章 利益有用性アプローチの発展と外貨換算会計 / p219 (0120.jp2)
  60. 第1節 利益有用性アプローチの発展 / p219 (0120.jp2)
  61. 第2節「利益の質」とSFAS第8号,SFAS第52号 / p224 (0123.jp2)
  62. 第3節 換算調整勘定の増分情報内容 / p232 (0127.jp2)
  63. 第4節 利益有用性アプローチの成果 / p237 (0129.jp2)
  64. 第11章 ファンダメンタル・アプローチと外貨換算会計 / p241 (0131.jp2)
  65. 第1節 ファンダメンタル・アプローチの必要性 / p241 (0131.jp2)
  66. 第2節 代替的換算方法とEdwards-Bell-Ohlsonモデル / p250 (0136.jp2)
  67. 第3節 ファンダメンタル・アプローチの成果と今後の研究 / p258 (0140.jp2)
  68. 第12章 ファンダメンタル・アプローチによる米国企業の実証分析 / p263 (0142.jp2)
  69. 第1節 米国企業の企業価値評価と外貨換算 / p263 (0142.jp2)
  70. 第2節 企業価値モデルと米国における最近の研究成果 / p263 (0142.jp2)
  71. 第3節 米国における仮説とデータ / p266 (0144.jp2)
  72. 第4節 米国企業の実証結果 / p269 (0145.jp2)
  73. 第5節 結果の要約と今後の課題 / p273 (0147.jp2)
  74. 第13章 ファンダメンタル・アプローチによる日本企業の実証分析 / p277 (0149.jp2)
  75. 第1節 日本企業の企業価値評価と外貨換算 / p277 (0149.jp2)
  76. 第2節 日本における企業価値モデルの検討 / p277 (0149.jp2)
  77. 第3節 日本企業の実証結果 / p280 (0151.jp2)
  78. 第4節 結果の要約と今後の課題 / p286 (0154.jp2)
  79. 参考文献 / p289 (0155.jp2)
  80. 索引 / p301 (0161.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185142
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185424
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349456
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ