Cytochrome P450 3A基質となる薬物の消化管及び肝初回通過効果とその予測に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 東川, 史子 ヒガシカワ, フミコ

書誌事項

タイトル

Cytochrome P450 3A基質となる薬物の消化管及び肝初回通過効果とその予測に関する研究

著者名

東川, 史子

著者別名

ヒガシカワ, フミコ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第2008号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0006.jp2)
  2. 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 本論 / p6 (0011.jp2)
  4. 第1章 Midazolamの全身及び肝クリアランス / p6 (0011.jp2)
  5. 第1節 全身クリアランス(急速単回静注) / p8 (0012.jp2)
  6. 第2節 肝抽出率及び肝クリアランス(定速静注) / p13 (0014.jp2)
  7. 第3節 小括 / p16 (0016.jp2)
  8. 第2章 MidazolamのBioavailabilityと消化管初回通過効果 / p17 (0016.jp2)
  9. 第1節 Bioavailabilityに及ぼすラット週齢の影響(空腸ループ内投与) / p19 (0017.jp2)
  10. 第2節 Bioavailabilityに及ぼす各種酵素誘導剤の影響(空腸ループ内投与) / p21 (0018.jp2)
  11. 第3節 Bioavailabilityに及ぼすKetoconazoleの影響(空腸ループ内投与) / p22 (0019.jp2)
  12. 第4節 消化管初回通過効果(ln situ腸管ループ全血回収法) / p24 (0020.jp2)
  13. 第5節 In vitro消化管代謝 / p29 (0022.jp2)
  14. 第6節 小括 / p30 (0023.jp2)
  15. 第3章 ErythromycinのBioavailabilityと消化管初回通過効果 / p31 (0023.jp2)
  16. 第1節 Bioavailabilityに及ぼすDexamethasone及びMidazolamの影響(空腸ループ内投与) / p32 (0024.jp2)
  17. 第2節 消化管初回通過効果(In situ腸管ループ全血回収法) / p34 (0025.jp2)
  18. 第3節 In vitro肝代謝 / p36 (0026.jp2)
  19. 第4節 小括 / p38 (0027.jp2)
  20. 第4章 MidazolamとErythromycinの初回通過効果の比較 / p39 (0027.jp2)
  21. 第1節 消化管初回通過効果の比較 / p40 (0028.jp2)
  22. 第2節 肝初回通過効果の比較 / p41 (0028.jp2)
  23. 第3節 小括 / p43 (0029.jp2)
  24. 第5章 Invitro代謝実験によるMidazolamのinvivo肝抽出率の予測 / p44 (0030.jp2)
  25. 第1節 In vitro肝固有クリアランスの算出 / p45 (0030.jp2)
  26. 第2節 In vitro肝固有クリアランスからin vivo肝抽出率の予測(代謝活性亢進時) / p48 (0032.jp2)
  27. 第3節 In vitro肝固有クリアランスからin vivo肝抽出率の予測(代謝活性低下時) / p52 (0034.jp2)
  28. 第4節 小括 / p57 (0036.jp2)
  29. 総括 / p58 (0037.jp2)
  30. 謝辞 / p62 (0039.jp2)
  31. 実験の部 / p63 (0039.jp2)
  32. 参考文献 / p72 (0044.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185246
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185528
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349560
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ