初期計画における二重殻船体構造の最適設計法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 瞭 カトウ, アキラ

書誌事項

タイトル

初期計画における二重殻船体構造の最適設計法に関する研究

著者名

加藤, 瞭

著者別名

カトウ, アキラ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第3137号

学位授与年月日

1998-12-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の目的 / p2 (0007.jp2)
  4. 1.2 従来研究の概要 / p5 (0010.jp2)
  5. 1.3 本研究の概要 / p7 (0012.jp2)
  6. 第2章 理論および計算法 / p10 (0015.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p11 (0016.jp2)
  8. 2.2 二重殼船体構造の簡易強度計算法 / p13 (0018.jp2)
  9. 2.3 数式表示船型を用いた外力の推定法 / p29 (0034.jp2)
  10. 2.4 遺伝的アルゴリズムによる最適重量設計 / p36 (0041.jp2)
  11. 2.5 計算法の検証 / p39 (0044.jp2)
  12. 2.6 結言 / p46 (0051.jp2)
  13. 第3章 バルクキャリヤ船体構造の重量推定法 / p87 (0092.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p88 (0093.jp2)
  15. 3.2 簡易強度計算法による二重底構造の強度評価 / p90 (0095.jp2)
  16. 3.3 外力の推定法 / p94 (0099.jp2)
  17. 3.4 部材計算および重量計算に対するパラメータの設定 / p97 (0102.jp2)
  18. 3.5 バルクキャリヤの部材寸法計算 / p100 (0105.jp2)
  19. 3.6 バルクキャリヤの船殼重量計算 / p110 (0115.jp2)
  20. 3.7 結言 / p113 (0118.jp2)
  21. 第4章 最適重量設計法の構築と検証 / p131 (0136.jp2)
  22. 4.1 はじめに / p132 (0137.jp2)
  23. 4.2 簡易強度計算法による二重殼船体構造強度の精度検証 / p134 (0139.jp2)
  24. 4.3 数式表示船型による外力推定精度の検証 / p138 (0143.jp2)
  25. 4.4 最適重量設計法の構築 / p140 (0145.jp2)
  26. 4.5 結言 / p148 (0153.jp2)
  27. 第5章 結論 / p177 (0182.jp2)
  28. 謝辞 / p182 (0187.jp2)
  29. 参考文献 / p184 (0189.jp2)
  30. 付録1 二重底構造に対するエネルギ式の導入 / p189 (0194.jp2)
  31. 付録2 エネルギ式の釣り合い方程式との同一性 / p196 (0201.jp2)
  32. 付録3 平板構造に対するラグランジェ未定乗数法の適用性 / p198 (0203.jp2)
  33. 付録4 境界線上に沿った角度の連続性の近似的保証 / p203 (0208.jp2)
  34. 付録5 バルクキャリヤの縦曲げモーメント、剪断力に対する補強 / p210 (0215.jp2)
  35. 付録6 バルクキャリヤの船殼重量計算 / p216 (0221.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185338
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185620
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349652
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ