昆虫細胞を用いたヒトエンドセリン受容体の発現と感染細胞によるCa2+チャンネルの解析

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 三佐子 サトウ, ミサコ

書誌事項

タイトル

昆虫細胞を用いたヒトエンドセリン受容体の発現と感染細胞によるCa2+チャンネルの解析

著者名

佐藤, 三佐子

著者別名

サトウ, ミサコ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第3166号

学位授与年月日

1999-01-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 【略号等】 / p1 (0006.jp2)
  3. 【序章】 / p5 (0008.jp2)
  4. 【第一章 ET受容体のヒト胎盤からの精製と機能解析】 / p11 (0011.jp2)
  5. 第一節 緒言 / p11 (0011.jp2)
  6. 第二節 ヒト胎盤ET受容体の同定と分子サイズ / p13 (0012.jp2)
  7. 第三節 ET受容体精製のためのアフィニティークロマトグラフィーの検討 / p19 (0015.jp2)
  8. 第四節 Lys⁹-ビオチン化ET-1を用いるヒト胎盤ET受容体の精製 / p27 (0019.jp2)
  9. 第五節 ET受容体の生化学的解析 / p31 (0021.jp2)
  10. 第六節 考察 / p35 (0023.jp2)
  11. 【第二章 バキュロウイルスを用いて発現したET受容体の精製と機能解析】 / p37 (0024.jp2)
  12. 第一節 緒言 / p37 (0024.jp2)
  13. 第二節 エンドセリン受容体発現プラスミドの構築と発現ウイルスの確立 / p45 (0028.jp2)
  14. 第三節 エンドセリン受容体の発現 / p51 (0031.jp2)
  15. 第四節 バキュロウイルスによるET受容体の発現様式 / p51 (0031.jp2)
  16. 第五節 Sf9細胞中に発現した受容体の性質 / p53 (0032.jp2)
  17. 第六節 ETB受容体の限定分解 / p55 (0033.jp2)
  18. 第七節 モノクローナル抗体の作製と免疫沈降によるETA、ETB受容体の確認 / p59 (0035.jp2)
  19. 第八節 ETB受容体に結合する糖鎖の確認 / p65 (0038.jp2)
  20. 第九節 考察 / p65 (0038.jp2)
  21. 【第三章 ETとその受容体による昆虫細胞におけるCa²⁺動態】 / p67 (0039.jp2)
  22. 第一節 緒言 / p67 (0039.jp2)
  23. 第二節 ET受容体を発現する昆虫細胞を用いたETのバイオアッセイ系 / p73 (0042.jp2)
  24. 第三節 考察 / p77 (0044.jp2)
  25. 【終章】 / p79 (0045.jp2)
  26. 総括と考察および今後の展望 / p79 (0045.jp2)
  27. 実験の部 / p83 (0047.jp2)
  28. 1.培地の作製 / p83 (0047.jp2)
  29. 2.一般的操作 / p84 (0048.jp2)
  30. 3.第一章の実験 / p88 (0050.jp2)
  31. 4.第二章の実験 / p89 (0050.jp2)
  32. 5.第三章の実験 / p90 (0051.jp2)
  33. 参考文献 / p93 (0052.jp2)
  34. 学位論文の基礎となる原著 / p102 (0057.jp2)
  35. 謝辞 / p103 (0057.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185363
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185645
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349677
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ