ディケンズ後期四作品研究 : 「視点」から脱「視点」へーBleak house,A tale of two cities,Great expectations,Our mutual fFriendを中心として

この論文をさがす

著者

    • 田辺, 洋子 タナベ, ヨウコ

書誌事項

タイトル

ディケンズ後期四作品研究 : 「視点」から脱「視点」へーBleak house,A tale of two cities,Great expectations,Our mutual fFriendを中心として

著者名

田辺, 洋子

著者別名

タナベ, ヨウコ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第3173号

学位授与年月日

1999-02-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0005.jp2)
  3. 第一章 Bleak House論 / p23 (0027.jp2)
  4. I.もう一つの〝romantic side of familiar things〝-主人公エスタの視点から- / p23 (0027.jp2)
  5. II.エスタの「語り」の謎 / p61 (0065.jp2)
  6. 第二章 A Tale of Two Cities論 / p70 (0074.jp2)
  7. I.Mr.Jarvis Lorryを発掘する / p70 (0074.jp2)
  8. II.『二都物語』或いは「シドニー・カートンの物語」 / p93 (0097.jp2)
  9. III.〝The Honest Tradesman〝(II、XIV)におけるパロディカルな反復 / p131 (0135.jp2)
  10. 第三章 Great Expectations論 / p146 (0150.jp2)
  11. I.「視線の物語」として読む / p146 (0150.jp2)
  12. II.「逆転の物語」として読む / p189 (0193.jp2)
  13. III.「物語」の二元性-治癒力と暴力-から読む / p232 (0236.jp2)
  14. IV.「二つの結末」から読む / p265 (0269.jp2)
  15. V.ディケンズの英語の「具象性」:TTCと併せて / p295 (0299.jp2)
  16. VI.GEの二つの結末:語り手の側からの解読の試み / p319 (0323.jp2)
  17. 第四章 Our Mutual Friend論-「相互性」分析- / p337 (0345.jp2)
  18. I.序:表題再考 / p337 (0345.jp2)
  19. II.仮説:表題の含意 / p348 (0356.jp2)
  20. III.「相互性」の契機としての〝influence〝:〝effect〝との対比の中で / p367 (0375.jp2)
  21. IV.〝influence〝の媒体としての飲料・言語・髪 / p441 (0449.jp2)
  22. V.結び:二様の「相互性」の昇華 / p605 (0613.jp2)
  23. Appendix:「OMFの表題再考」 / p623 (0631.jp2)
  24. 後書き / p641 (0649.jp2)
  25. 注 / p643 (0651.jp2)
  26. BIBLIOGRAPHY / p702 (0710.jp2)
  27. 初出一覧 / p722 (0730.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185369
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185651
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349683
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ