韓国人日本語学習者に見られる格助詞の誤用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 金, 仁炫 キム, インヒョン

書誌事項

タイトル

韓国人日本語学習者に見られる格助詞の誤用に関する研究

著者名

金, 仁炫

著者別名

キム, インヒョン

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第3198号

学位授与年月日

1999-03-05

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. O.序論 / p1 (0010.jp2)
  3. 0.1 研究の目的と意義 / p1 (0010.jp2)
  4. 0.2 研究の対象と方法 / p1 (0010.jp2)
  5. 0.3 論文の構成と内容 / p2 (0011.jp2)
  6. 第1章 日・韓両語の格助詞の特質と分類 / p4 (0013.jp2)
  7. 1.1 格助詞の定義と特質 / p4 (0013.jp2)
  8. 1.2 先行研究の現状と問題点 / p6 (0015.jp2)
  9. 1.3 格助詞と他の助詞との結合関係 / p25 (0034.jp2)
  10. 1.4 二重主格の問題 / p31 (0040.jp2)
  11. 1.5 格助詞の省略の問題 / p32 (0041.jp2)
  12. 第2章 日・韓両語の格助詞の意味と用法の対照分析 / p45 (0054.jp2)
  13. 2.1 はじめに / p45 (0054.jp2)
  14. 2.2「が」と「가(ga)/이(i)」の意味と用法 / p47 (0056.jp2)
  15. 2.3「の」と「의(ui)」の意味と用法 / p65 (0074.jp2)
  16. 2.4「を」と「을(ul/를(rul)」の意味と用法 / p73 (0082.jp2)
  17. 2.5「に」と「에(e)」の意味と用法 / p80 (0089.jp2)
  18. 2.6「で」と「으로(uro)/에서(eso)」の意味と用法 / p94 (0103.jp2)
  19. 2.7「へ」と「으로(uro)/로(ro)」の意味と用法 / p98 (0107.jp2)
  20. 2.8「と」と「괴(kwa)/와(wa)」の意味と用法 / p102 (0111.jp2)
  21. 2.9「から」と「부터(puto)/에서(eso)」の意味と用法 / p105 (0114.jp2)
  22. 2.10「より」と「보다(poda)」の意味と用法 / p109 (0118.jp2)
  23. 2.11 まとめ / p113 (0122.jp2)
  24. 第3章 日・韓両語の格助詞の使い方と誤用の分析 / p121 (0130.jp2)
  25. 3.1 はじめに / p121 (0130.jp2)
  26. 3.2 誤用分析の意義と方法 / p122 (0131.jp2)
  27. 3.3 先行研究の現状と問題点 / p122 (0131.jp2)
  28. 3.4「が」の使い方と誤用の分析 / p126 (0135.jp2)
  29. 3.5「の」の使い方と誤用の分析 / p147 (0156.jp2)
  30. 3.6「を」の使い方と誤用の分析 / p157 (0166.jp2)
  31. 3.7「で」の使い方と誤用の分析 / p168 (0177.jp2)
  32. 3.8「に」の使い方と誤用の分析 / p171 (0180.jp2)
  33. 3.9「と」の使い方と誤用の分析 / p178 (0187.jp2)
  34. 3.10「へ」の使い方と誤用の分析 / p182 (0191.jp2)
  35. 3.11「から」の使い方と誤用の分析 / p187 (0196.jp2)
  36. 3.12「より」の使い方と誤用の分析 / p193 (0202.jp2)
  37. 3.13 まとめ / p196 (0205.jp2)
  38. 第4章 結論 / p203 (0212.jp2)
  39. 4.1 日本語教育における格助詞指導の諸問題 / p203 (0212.jp2)
  40. 4.2 まとめ / p207 (0216.jp2)
  41. ・参考文献 / p214 (0223.jp2)
  42. ・資料 / p226 (0235.jp2)
  43. 資料1.用例出典 / p226 (0235.jp2)
  44. 資料2.韓国人日本語学習者の意識調査 / p227 (0236.jp2)
  45. ・あとがき / p239 (0248.jp2)
11アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185390
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185672
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349704
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ