方法としての枕詞 : 枕詞の継承と展開 ホウホウ トシテノ マクラコトバ : マクラコトバ ノ ケイショウ ト テンカイ

この論文をさがす

著者

    • 白井, 伊津子 シライ, イツコ

書誌事項

タイトル

方法としての枕詞 : 枕詞の継承と展開

タイトル別名

ホウホウ トシテノ マクラコトバ : マクラコトバ ノ ケイショウ ト テンカイ

著者名

白井, 伊津子

著者別名

シライ, イツコ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第1982号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

枕詞を研究の対象とするばあい、枕詞そのものの定義に関わって、まず直面せざるをえないのは、その認定の問題である。すなわち、ある一つの語句を、枕詞と認定するか否かについては、もとより他の表現形式との差異が明確化される必要が存するからである。ちなみに、修飾句ないし実景表現との異なりとして、枕詞を ...

筑波大学博士 (文学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (甲第1982号)

標題紙,目次 -- 序論 -- 第一章 方法としての枕詞の出発ー人麻呂における枕詞の方法ー -- 第二章 方法の継承と反省ー萬葉第三期の歌人における枕詞の表現ー -- 第三章 方法の極ー家事における枕詞の方法ー -- 第四章 枕詞の行方ー平安期における枕詞の変容ー -- 終論   -- 初出一覧 -- 参考文献

目次

  1. 序論 枕詞と被枕詞の関係 / p4 (0006.jp2)
  2. 第一節 枕詞の先行研究 / p5 (0007.jp2)
  3. 第二節 枕詞・被枕詞の関係分類の試み / p11 (0013.jp2)
  4. 第一章 方法としての枕詞の出発-人麻呂における枕詞の方法- / p32 (0034.jp2)
  5. 第一節 人麻呂以前の枕詞-記紀歌謡・初期萬葉の様相- / p33 (0035.jp2)
  6. 第二節 人麻呂における枕詞の認識 / p40 (0042.jp2)
  7. 一 大地名と小地名の関係-包含する関係の枕詞・被枕詞- / p40 (0042.jp2)
  8. 二 句の構成と枕詞-言い換え・繰り返しの関係の枕詞・被枕詞- / p45 (0047.jp2)
  9. 第三節 人麻呂の方法-新しい有縁化の試み- / p50 (0052.jp2)
  10. 一 和語と漢語の分析-用言にかかる枕詞- / p50 (0052.jp2)
  11. 二 枕詞と歌の情調-ことばによる統合- / p59 (0061.jp2)
  12. 第二章 方法の継承と反省-萬葉第三期の歌人における枕詞の表現- / p75 (0077.jp2)
  13. 第一節 単なる措辞的な用法の増加 / p76 (0078.jp2)
  14. 第二節 個性的な用法-山上憶良を中心に- / p82 (0084.jp2)
  15. 第三節 新しい枕詞の潮流 / p88 (0090.jp2)
  16. 第三章 方法の極-家持における枕詞の方法- / p100 (0102.jp2)
  17. 第一節 枕詞における表象性の喚起 / p101 (0103.jp2)
  18. 一 懸詞による枕詞・被枕詞関係 / p101 (0103.jp2)
  19. 二 同音繰り返しによる枕詞・被枕詞関係 / p107 (0109.jp2)
  20. 第二節 歌の表現に即した枕詞の用法 / p118 (0120.jp2)
  21. 一 作品の内容と構成に即した使い分け / p119 (0121.jp2)
  22. 二 作歌の場(状況)に即した使い分け / p126 (0128.jp2)
  23. 第三節 方法の極-枕詞・被枕詞関係の固定化と提喩- / p131 (0133.jp2)
  24. 第四章 枕詞の行方-平安朝における枕詞の変容- / p141 (0143.jp2)
  25. 第一節 枕詞の伝統-枕詞と「古事」- / p142 (0144.jp2)
  26. 第二節 枕詞・被枕詞関係の解消 / p151 (0153.jp2)
  27. 一 枕詞と懸詞・縁語 / p151 (0153.jp2)
  28. 二 枕詞と「異名」 / p162 (0164.jp2)
  29. 三 枕詞の行方 / p175 (0177.jp2)
  30. 終論 修辞論としての枕詞論 / p185 (0187.jp2)
  31. 初出一覧 / p192 (0194.jp2)
  32. 参考文献 / p193 (0195.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185488
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185770
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349802
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ