強誘電液晶性共役系高分子の合成と性質 キョウユウデン エキショウセイ キョウヤクケイ コウブンシ ノ ゴウセイ ト セイシツ

この論文をさがす

著者

    • 戴, 小満 タイ, ショウマン

書誌事項

タイトル

強誘電液晶性共役系高分子の合成と性質

タイトル別名

キョウユウデン エキショウセイ キョウヤクケイ コウブンシ ノ ゴウセイ ト セイシツ

著者名

戴, 小満

著者別名

タイ, ショウマン

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2102号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

古くからの常識を覆す新しい現象の発現は、新しい研究分野の急速な展開を促す。多くの有機材料は、従来、絶縁材料として、電気、電子技術に貢献してきた。ところが、近年、電磁気的および光学的に性質を有する機能性高分子材料が ...

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (甲第2102号)

標題紙,目次 -- 論文概要 -- 第1章 序論 -- 第2章 強誘電液晶性ポリアセチレン誘導体の合成と性質 -- 第3章 強誘電液晶性ポリチオフェン誘導体の合成と性質 -- 第4章 強誘電液晶基を有するポリチエニレンビニレン誘導体の合成と性質 -- 第5章 強誘電液晶基を有するポリパラフェニレンビニレン誘導体の合成と性質 -- 第六章 超分子型ポリチオフェンの合成と性質 -- 第7章 結論 -- 謝辞

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 論文概要 / p1 (0010.jp2)
  3. 第一章 序論 / p11 (0020.jp2)
  4. 1.1 共役系高分子 / p11 (0020.jp2)
  5. 1.2 代表的な共役系高分子 / p12 (0021.jp2)
  6. 1.3 液晶 / p13 (0022.jp2)
  7. 1.4 液晶性共役系高分子 / p19 (0028.jp2)
  8. 1.5 強誘電液晶性共役系高分子 / p20 (0029.jp2)
  9. 1.6 本研究の目的 / p21 (0030.jp2)
  10. 1.7 試薬及び器具 / p21 (0030.jp2)
  11. 参考文献 / p26 (0035.jp2)
  12. 第二章 強誘電液晶性ポリアセチレン誘導体の合成と性質 / p29 (0038.jp2)
  13. 2.1 序論 / p29 (0038.jp2)
  14. 2.2 不斉中心をもつ液晶基を有するポリアセチレン誘導体の合成と性質 / p29 (0038.jp2)
  15. 2.3 フツ素不斉骨格をもつ強誘電液晶性ポリアセチレン誘導体の合成と性質 / p40 (0049.jp2)
  16. 参考文献 / p87 (0098.jp2)
  17. 第三章 強誘電液晶性ポリチオフェン誘導体の合成と性質 / p108 (0119.jp2)
  18. 3.1 序言 / p108 (0119.jp2)
  19. 3.2 実験 / p108 (0119.jp2)
  20. 3.3 結果と考察 / p116 (0127.jp2)
  21. 3.4 まとめ / p123 (0135.jp2)
  22. 参考文献 / p124 (0136.jp2)
  23. 第四章 強誘電液晶基を有するポリチエニレンビニレン誘導体の合成と性質 / p144 (0156.jp2)
  24. 4.1 はじめに / p144 (0156.jp2)
  25. 4.2 実験 / p144 (0156.jp2)
  26. 4.3 結果と考察 / p146 (0158.jp2)
  27. 4.4 まとめ / p147 (0160.jp2)
  28. 第五章 強誘電液晶基を有するポリパラフェニレンビニレン誘導体の合成と性質 / p152 (0165.jp2)
  29. 5.1 はじめに / p152 (0165.jp2)
  30. 5.2 実験 / p152 (0165.jp2)
  31. 5.3 結果と考察 / p153 (0167.jp2)
  32. 3.5 まとめ / p155 (0170.jp2)
  33. 第六章 超分子型ポリチオフェンの合成と性質 / p160 (0175.jp2)
  34. 6.1 はじめに / p160 (0175.jp2)
  35. 6.2 水素結合部位を側鎖にもつ超分子型ポリチオフェンの合成と性質 / p162 (0177.jp2)
  36. 6.3 水溶性ポリチオフェンの合成と性質 / p163 (0178.jp2)
  37. 6.4 実験 / p163 (0178.jp2)
  38. 6.5 まとめ / p164 (0179.jp2)
  39. 第七章 総論 / p167 (0182.jp2)
  40. 謝辞 / p171 (0186.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185608
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185890
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349922
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ