進化型ハードウェアの設計と応用に関する研究 シンカガタ ハードウェア ノ セッケイ ト オウヨウ ニカンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 梶谷, 勇 カジタニ, イサム

書誌事項

タイトル

進化型ハードウェアの設計と応用に関する研究

タイトル別名

シンカガタ ハードウェア ノ セッケイ ト オウヨウ ニカンスル ケンキュウ

著者名

梶谷, 勇

著者別名

カジタニ, イサム

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2108号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

近年のEDA(Elecronic Design Automation)技術の進歩により、複雑な回路を簡単に合成する事が可能となってきた。例えば、シノプシス社などの論理合成ツールを使う事で、[?]等のHDL(Hardware Description Language)記述から回路を合成する事ができる。ただし、このような回路合成が可能なのは、人出力仕様を合成時点で完全に決定でkる場合に限られている。

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (甲第2108号)

目次

  1. 目次 / p4 (0006.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0014.jp2)
  3. 2 研究の背景 / p7 (0020.jp2)
  4. 2.1 進化型ハードウェア(EHW)とEHWチップ / p7 (0020.jp2)
  5. 2.2 EHWチップの応用 / p19 (0032.jp2)
  6. 3 GA操作用回路 / p26 (0039.jp2)
  7. 3.1 ハードウェア向きのGA操作 / p26 (0039.jp2)
  8. 3.2 FPGAへの実装による基本動作の確認 / p36 (0049.jp2)
  9. 4 EHWチップversion1(EHWv1) / p47 (0060.jp2)
  10. 4.1 システム構成 / p47 (0060.jp2)
  11. 4.2 最小項学習による回路合成の高速化 / p54 (0067.jp2)
  12. 4.3 VLSIへの実装 / p70 (0083.jp2)
  13. 5 EHWチップversion2(EHWv2) / p73 (0086.jp2)
  14. 5.1 EHWv1からの改良点 / p73 (0086.jp2)
  15. 5.2 VLSIへの実装 / p82 (0095.jp2)
  16. 6 EHWチップの応用(筋電義手) / p86 (0099.jp2)
  17. 6.1 EHWチップによる筋電義手の動作決定 / p86 (0099.jp2)
  18. 6.2 パターン認識回路の合成方法 / p92 (0105.jp2)
  19. 6.3 実験 / p98 (0111.jp2)
  20. 7 結論 / p103 (0116.jp2)
  21. 7.1 本論文のまとめ / p103 (0116.jp2)
  22. 7.2 今後の課題 / p104 (0117.jp2)
  23. 8 謝辞 / p108 (0121.jp2)
  24. 参考文献 / p110 (0123.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185614
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185896
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349928
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ