波浪場解析における緩勾配方程式のGreen関数について ハロウバ カイセキ ニオケル カンコウバイ ホウテイシキ ノ Green カンスウ ニ ツイテ

この論文をさがす

著者

    • 藤井, 信太郎 フジイ, シンタロウ

書誌事項

タイトル

波浪場解析における緩勾配方程式のGreen関数について

タイトル別名

ハロウバ カイセキ ニオケル カンコウバイ ホウテイシキ ノ Green カンスウ ニ ツイテ

著者名

藤井, 信太郎

著者別名

フジイ, シンタロウ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2111号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

Green関数法は、境界が複雑で回折・多重反射・透過といった平面変形が卓越するような波浪場の解析に対してきわめて合理的な解析手法である。近年、この手法の非一様水深場への拡張として、一様水深場における点源波の厳密解であるHankel関数に代わり、緩勾配方程式の放物型近似式の数値解を用いる手法が提案された。ここで、数値的な取り扱いが困難となる特異点近傍では、便宜上一様水深を仮定してHankel関数が用いられている。 ...

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (甲第2111号)

目次

  1. 目次 / p2 (0004.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0003.jp2)
  3. 目次 / p2 (0004.jp2)
  4. 1.序論 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.1 はじめに / p1 (0007.jp2)
  6. 1.2 平面波浪場解析のモデル方程式 / p1 (0007.jp2)
  7. 1.3 Green関数法を用いた波浪場解析とその任意水深場への拡張 / p4 (0010.jp2)
  8. 1.4 本研究の概要 / p5 (0011.jp2)
  9. 2.平面波浪場の基礎方程式 / p6 (0012.jp2)
  10. 2.1 一様水深場の基礎方程式 / p6 (0012.jp2)
  11. 2.2 任意水深場の基礎方程式 / p10 (0016.jp2)
  12. 2.3 Greenの定理 / p18 (0024.jp2)
  13. 2.4 Green関数法 / p21 (0027.jp2)
  14. 3.緩勾配方程式のGreen関数 / p22 (0028.jp2)
  15. 3.1 一様水深場のGreen関数構成法 / p22 (0028.jp2)
  16. 3.2 任意水深場のGreen関数構成法 / p29 (0035.jp2)
  17. 3.3 Green関数構成法の特徴 / p35 (0041.jp2)
  18. 3.4 数値計算法 / p36 (0042.jp2)
  19. 3.5 数値素解の精度 / p39 (0045.jp2)
  20. 3.6 任意水深場におけるGreen関数の相反性 / p43 (0049.jp2)
  21. 4.半無限平面における波動解 / p54 (0060.jp2)
  22. 4.1 半無限平面内の波動に関するGreen関数 / p54 (0060.jp2)
  23. 4.2 直線境界に到達する波 / p55 (0061.jp2)
  24. 4.3 直線境界から発する波 / p59 (0065.jp2)
  25. 4.4 鏡像法の任意水深場への拡張性 / p63 (0069.jp2)
  26. 5 境界条件 / p65 (0071.jp2)
  27. 5.1 無障害接続条件 / p65 (0071.jp2)
  28. 5.2 閉境界 / p67 (0073.jp2)
  29. 5.3 有限長開境界における解の接続 / p69 (0075.jp2)
  30. 6.密度法の詳細 / p73 (0079.jp2)
  31. 6.1 基本姿勢 / p73 (0079.jp2)
  32. 6.2 計算領域の分割 / p73 (0079.jp2)
  33. 6.3 分布波源強度の算定 / p74 (0080.jp2)
  34. 6.4 計算領域外地形の影響 / p82 (0088.jp2)
  35. 7.数値計算による境界条件の検討 / p84 (0090.jp2)
  36. 7.1 半無限長壁面境界 / p84 (0090.jp2)
  37. 7.2 波源強度に及ぼす波源相互作用項の寄与 / p87 (0093.jp2)
  38. 8.結論 / p89 (0095.jp2)
  39. 参考文献 / p90 (0096.jp2)
  40. 謝辞 / p92 (0098.jp2)
  41. Appendix / p93 (0099.jp2)
  42. A.1 緩勾配方程式に対するGreenの定理 / p93 (0099.jp2)
  43. A.2 緩勾配方程式の級数解の導出 / p96 (0102.jp2)
  44. A.3 放物型近似式の導出法とその問題 / p99 (0105.jp2)
  45. A.4 級数解と放物型近似式の接合 / p105 (0111.jp2)
  46. A.5 郭・西村の手法による放物型近似式の導出 / p108 (0114.jp2)
  47. A.6 波向き線法による波峰線方程式の厳密解 / p110 (0116.jp2)
  48. A.7 複素振幅ƒ,φの水深hに対する依存性 / p115 (0121.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185617
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185899
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349931
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ