分散共有メモリシステムにおけるキャッシュ一致性の維持方式に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山崎, 剛 ヤマザキ, タケシ

書誌事項

タイトル

分散共有メモリシステムにおけるキャッシュ一致性の維持方式に関する研究

著者名

山崎, 剛

著者別名

ヤマザキ, タケシ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2131号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 研究の成果 / p3 (0008.jp2)
  5. 第2章 分散共有メモリシステムとキャッシュコヒーレンジプロトコル / p9 (0011.jp2)
  6. 2.1 分散システムにおける共有メモリの実現方式 / p9 (0011.jp2)
  7. 2.2 キャッシュメモリとコヒーレンジプロトコル / p13 (0013.jp2)
  8. 第3章 木構造を用いた共有データ管理方式 / p19 (0016.jp2)
  9. 3.1 関連する研究 / p22 (0018.jp2)
  10. 3.2 基本的な考え方とプロトコル / p24 (0019.jp2)
  11. 3.3 管理データ量の評価と削減方法 / p44 (0029.jp2)
  12. 3.4 木構造データ管理を用いたDSMシステムの性能評価 / p58 (0036.jp2)
  13. 3.5 ネットワークスイッチの実装に関する検討 / p61 (0037.jp2)
  14. 第4章 SVCプロトコルの考え方とプリミティブの基本動作 / p66 (0040.jp2)
  15. 4.1 研究の背景とSVCプロトコルの考え方 / p66 (0040.jp2)
  16. 4.2 ライン状態とキャッシュミス判定 / p70 (0042.jp2)
  17. 4.3 キャッシュミス処理と状態変化 / p72 (0043.jp2)
  18. 4.4 リンク解除条件に関する考察 / p78 (0046.jp2)
  19. 4.5 リプレース処理 / p80 (0047.jp2)
  20. 4.6 アプリケーションチューニングの考え方 / p81 (0047.jp2)
  21. 4.7 write-update実装に関する考察 / p85 (0049.jp2)
  22. 第5章 SVCプロトコルの実装例 / p87 (0050.jp2)
  23. 5.1 実装対象の分散共有メモリシステムモデル / p87 (0050.jp2)
  24. 5.2 状態定義と単独プリミティブの処理 / p89 (0051.jp2)
  25. 5.3 プリミティブ実行の正当性維持 / p107 (0060.jp2)
  26. 5.4 プロトコルの最適化 / p117 (0065.jp2)
  27. 5.5 階層構造ネットワークにおけるSVCP実装 / p125 (0069.jp2)
  28. 第6章 シミュレーションによるSVCプロトコルの有効性検証 / p129 (0071.jp2)
  29. 6.1 シミュレータ概略とシステムモデル / p129 (0071.jp2)
  30. 6.2 Merge-Spritソートの評価結果 / p134 (0074.jp2)
  31. 6.3 SPLASHベンチマークLUの評価結果 / p137 (0075.jp2)
  32. 6.4 SPLASHベンチマークFFTの評価結果 / p143 (0078.jp2)
  33. 6.5 評価結果まとめ / p146 (0080.jp2)
  34. 第7章 SVCプロトコルに関する当面の課題 / p149 (0081.jp2)
  35. 7.1 バリア変換スケジューラの構成 / p149 (0081.jp2)
  36. 7.2 MaestroシステムにおけるSVCプロトコルの実装 / p153 (0083.jp2)
  37. 第8章 結論 / p164 (0089.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185637
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185919
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349951
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ