ヒト動脈硬化病変におけるリポ蛋白リパーゼ(LPL)の解析とヒトLPL遺伝子を導入したトランスジェニックウサギの作製 ヒト ドウミャク コウカ ビョウヘン ニオケル リポ タンパク リパーゼ LPL ノ カイセキ ト ヒト LPL イデンシ オ ドウニュウ シタ トランスジェニック ウサギ ノ サクセイ

この論文をさがす

著者

    • 荒木, 眞裕 アラキ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

ヒト動脈硬化病変におけるリポ蛋白リパーゼ(LPL)の解析とヒトLPL遺伝子を導入したトランスジェニックウサギの作製

タイトル別名

ヒト ドウミャク コウカ ビョウヘン ニオケル リポ タンパク リパーゼ LPL ノ カイセキ ト ヒト LPL イデンシ オ ドウニュウ シタ トランスジェニック ウサギ ノ サクセイ

著者名

荒木, 眞裕

著者別名

アラキ, マサヒロ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第2144号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

動脈硬化とその合併症は、日本を含めた先進工業国における死亡原因の約半数を占めており、人口の急速な高齢化に伴い、医療の領域のみならず社会・経済的にも重要な課題となっている。この動脈硬化の原因ならびに発生病理については ...

筑波大学博士 (医学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (甲第2144号)

付: 参考文献

標題紙、目次 -- 第1章 序言 -- 第2章 研究の背景 -- 第3章 動脈硬化病変におけるLPLの分布について -- 第4章 ヒトLPLトランスジェニックウサギの作製 -- 第5章 結語 -- 謝辞 -- 参考文献

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序言 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 第2章 研究の背景 / p2 (0007.jp2)
  5. 2.1 リポ蛋白リパーゼ / p2 (0007.jp2)
  6. 2.2 動脈硬化とLPL / p11 (0016.jp2)
  7. 2.3 トランスジェニックウサギ / p16 (0021.jp2)
  8. 第3章 動脈硬化病変におけるLPLの分布について / p19 (0024.jp2)
  9. 3.1 目的 / p19 (0024.jp2)
  10. 3.2 研究材料と方法 / p19 (0024.jp2)
  11. 3.3 結果 / p23 (0028.jp2)
  12. 3.4 考察 / p28 (0033.jp2)
  13. 第4章 ヒトLPLトランスジェニックウサギの作製 / p31 (0036.jp2)
  14. 4.1 目的 / p31 (0036.jp2)
  15. 4.2 研究材料と方法 / p31 (0036.jp2)
  16. 4.3 結果 / p41 (0046.jp2)
  17. 4.4 考察 / p47 (0052.jp2)
  18. 第5章 結語 / p50 (0055.jp2)
  19. 謝辞 / p51 (0056.jp2)
  20. 参考文献 / p52 (0057.jp2)
  21. Transgenic Rabbits Expressing Human Lipoprotein Lipase / p1 (0069.jp2)
  22. Immunohistochemical Localization of Lipoprotein Lipase and Apolipoprotein E in Human Atherosclerotic Lesions / p485 (0089.jp2)
  23. Transgenic Rabbits Expressing Human Apolipoprotein(a) / p1 (0097.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185650
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185932
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349964
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ