細菌リポ多糖によるマクロファージの活性化と低密度リポ蛋白質酸化能の亢進 サイキン リポ タトウ ニヨル マクロファージ ノ カッセイカ ト テイミツド リポ タンパクシツ サンカノウ ノ コウシン

この論文をさがす

著者

    • 藤原, 恭子 フジワラ, キョウコ

書誌事項

タイトル

細菌リポ多糖によるマクロファージの活性化と低密度リポ蛋白質酸化能の亢進

タイトル別名

サイキン リポ タトウ ニヨル マクロファージ ノ カッセイカ ト テイミツド リポ タンパクシツ サンカノウ ノ コウシン

著者名

藤原, 恭子

著者別名

フジワラ, キョウコ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第2150号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

筑波大学博士 (医学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (甲第2150号)

付: 参考文献

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 1.研究の背景と目的 / p1 (0007.jp2)
  3. 1-1 細胞におけるアミノ酸の取り込み / p1 (0007.jp2)
  4. 1-2 シスチン取り込みとグルタチオン合成 / p2 (0008.jp2)
  5. 1-3 活性化マクロファージと酸化ストレス / p2 (0008.jp2)
  6. 1-4 LDLの酸化と動脈硬化 / p3 (0009.jp2)
  7. 1-5 本研究の目的 / p5 (0011.jp2)
  8. 2.実験材料と実験方法 / p6 (0012.jp2)
  9. 2-1 材料 / p6 (0012.jp2)
  10. 2-2 マクロファージの調製 / p6 (0012.jp2)
  11. 2-3 アミノ酸の取り込み量の測定 / p6 (0012.jp2)
  12. 2-4 細胞内外のグルタチオンの測定 / p7 (0013.jp2)
  13. 2-5 培養液中のSH化合物の定量 / p7 (0013.jp2)
  14. 2-6 HPLCによる細胞内外のSH化合物の同定および定量 / p8 (0014.jp2)
  15. 2-7 LDLの調製 / p9 (0015.jp2)
  16. 2-8 LDLの酸化 / p9 (0015.jp2)
  17. 2-9 酸化LDLの測定 / p9 (0015.jp2)
  18. 3.実験結果 / p11 (0017.jp2)
  19. 3-1 マクロファージのシスチン取り込みに対するLPSの効果 / p11 (0017.jp2)
  20. 3-2 血清中のLPS濃度とマクロファージのシスチン取り込み活性 / p11 (0017.jp2)
  21. 3-3 マクロファージによる他のアミノ酸取り込みに対するLPSの効果 / p12 (0018.jp2)
  22. 3-4 LPSによるマクロファージのシスチン取り込み活性誘導に対する他のアミノ酸の効果 / p12 (0018.jp2)
  23. 3-5 マクロファージのシスチン取り込みに対する他の刺激剤の効果 / p12 (0018.jp2)
  24. 3-6 マクロファージの細胞内グルタチオンレベルに及ぼすLPSの効果 / p13 (0019.jp2)
  25. 3-7 マクロファージの細胞内外SH化合物の同定と定量 / p14 (0020.jp2)
  26. 3-8 マクロファージ依存症LDL酸化に対するLPSの効果 / p15 (0021.jp2)
  27. 3-9 マクロファージ依存症LDL酸化に対する他の刺激剤の効果 / p16 (0022.jp2)
  28. 4.考察 / p17 (0023.jp2)
  29. 4-1 LPSによるマクロファージxc-の活性化 / p17 (0023.jp2)
  30. 4-2 LPS刺激の情報伝達系 / p19 (0025.jp2)
  31. 4-3 LPSによるxc-活性化とグルタチオン合成 / p20 (0026.jp2)
  32. 4-4 マクロファージのNO合成とLPS / p20 (0026.jp2)
  33. 4-5 SH化合物とLDL酸化 / p21 (0027.jp2)
  34. 4-6 xc-活性化と細胞媒介性LDL酸化 / p23 (0029.jp2)
  35. 4-7 LPSによるxc-活性化の生理的意義 / p21 (0030.jp2)
  36. 5.結語 / p26 (0032.jp2)
  37. 謝辞 / (0033.jp2)
  38. 参考文献 / (0034.jp2)
  39. 図表 / (0039.jp2)
  40. 参考論文 / (0055.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185656
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185938
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349970
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ