膀胱癌患者用QOL表調査票FACT-BL(Functional Assessment of Cancer Therapy-Bladder)の日本語版作成とそれに基づく膀胱癌患者のQOL調査

この論文をさがす

著者

    • 樋之津, 淳子 ヒノツ, アツコ

書誌事項

タイトル

膀胱癌患者用QOL表調査票FACT-BL(Functional Assessment of Cancer Therapy-Bladder)の日本語版作成とそれに基づく膀胱癌患者のQOL調査

著者名

樋之津, 淳子

著者別名

ヒノツ, アツコ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第2167号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0007.jp2)
  2. 第1章 はじめに / p1 (0010.jp2)
  3. 第2章 総説 / p2 (0011.jp2)
  4. I.QOLの概念と医療におけるその歴史 / p2 (0011.jp2)
  5. II.臨床におけるQOL調査票の評価 / p4 (0013.jp2)
  6. III.膀胱癌におけるQOL調査票 / p5 (0014.jp2)
  7. IV.文献 / p11 (0020.jp2)
  8. 第3章 EORTC QLQ-C30を用いた浸潤性膀胱癌患者における膀胱全摘術と膀胱温存療法の予後とQOLの比較 / p21 (0030.jp2)
  9. I.目的 / p21 (0030.jp2)
  10. II.対象 / p21 (0030.jp2)
  11. III.方法 / p22 (0031.jp2)
  12. IV.結果 / p22 (0031.jp2)
  13. V.考察 / p23 (0032.jp2)
  14. VI.結論 / p25 (0034.jp2)
  15. VII.文献 / p26 (0035.jp2)
  16. 第4章 膀胱癌患者用QOL調査票FACT(Functional Assessment of Cancer Therapy)の日本語版開発におけるPilot study / p33 (0042.jp2)
  17. I.目的 / p33 (0042.jp2)
  18. II.方法 / p33 (0042.jp2)
  19. III.結果 / p35 (0044.jp2)
  20. IV.考察 / p36 (0045.jp2)
  21. V.結論 / p39 (0048.jp2)
  22. VI.文献 / p40 (0049.jp2)
  23. 第5章 改良されたFACT-BL日本語版を用いた調査(EORTC QLQ-C30との比較) / p47 (0056.jp2)
  24. I.目的 / p47 (0056.jp2)
  25. II.対象 / p47 (0056.jp2)
  26. III.方法 / p47 (0056.jp2)
  27. IV.結果 / p47 (0056.jp2)
  28. V.考察 / p49 (0058.jp2)
  29. VI.結論 / p52 (0061.jp2)
  30. VII.文献 / p53 (0062.jp2)
  31. 第6章 まとめ / p63 (0072.jp2)
  32. 謝辞 / p65 (0074.jp2)
  33. 膀胱癌・前立腺癌患者用QOL調査票FACT-(Functional Assessment of Cancer Therapy)の日本語版開発におけるPilot Study- / p657 (0077.jp2)
  34. 浸潤性膀胱癌患者における膀胱全摘術と膀胱温存療法の予後とQOLの比較 / p445 (0089.jp2)
  35. 前立腺癌患者用QOL調査票の評価 / p333 (0100.jp2)
  36. 前立腺癌患者の身体・精神・社会面に対する病名告知の影響 / p752 (0114.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185673
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185955
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349987
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ