Staphylococcus aureusのストレス応答機構 Staphylococcus aureus ノ ストレス オウトウ キコウ

この論文をさがす

著者

    • 黒田, 誠 クロダ, マコト

書誌事項

タイトル

Staphylococcus aureusのストレス応答機構

タイトル別名

Staphylococcus aureus ノ ストレス オウトウ キコウ

著者名

黒田, 誠

著者別名

クロダ, マコト

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第2171号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

筑波大学博士 (医学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (甲第2171号)

付: 参考文献

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. Abbreviations / p5 (0008.jp2)
  3. 論文内容の要旨 / p6 (0009.jp2)
  4. 学会誌等における誌上発表 / p8 (0011.jp2)
  5. はじめに / p9 (0012.jp2)
  6. Chapter I / p1 (0014.jp2)
  7. S.aureusの熱ショック蛋白質(Heat Shock Protein:HSP)の遺伝子構造と転写調節機構 / p1 (0014.jp2)
  8. I-1 目的 / p2 (0015.jp2)
  9. I-2 序論 / p2 (0015.jp2)
  10. I-3 結果 / p4 (0017.jp2)
  11. I-4 考察 / p12 (0025.jp2)
  12. I-5 TableとFigure / p16 (0029.jp2)
  13. ChapterII / p34 (0047.jp2)
  14. ディファレンシャル・ディスプレイ法を用いたS.aureusの熱応答遺伝子の単離・解析 / p34 (0047.jp2)
  15. II-1 目的 / p35 (0048.jp2)
  16. II-2 序論 / p35 (0048.jp2)
  17. II-3 結果 / p36 (0049.jp2)
  18. II-4 考察 / p38 (0051.jp2)
  19. II-5 TableとFigure / p42 (0055.jp2)
  20. ChapterIII / p53 (0066.jp2)
  21. 熱応答する亜鉛耐性遺伝子の構造とその生理的機能 / p53 (0066.jp2)
  22. III-1 目的 / p54 (0067.jp2)
  23. III-2 序論 / p54 (0067.jp2)
  24. III-3 結果 / p55 (0068.jp2)
  25. III-4 考察 / p62 (0075.jp2)
  26. III-5 TableとFigure / p66 (0079.jp2)
  27. ストレス応答機構の総括的考察 / p82 (0095.jp2)
  28. 材料と方法 / (0097.jp2)
  29. 1 材料 / p84 (0097.jp2)
  30. 1-1 試薬・培地 / p84 (0097.jp2)
  31. 1-2 使用したプラスミドと菌株 / p85 (0098.jp2)
  32. 2 DNA技術 / p85 (0098.jp2)
  33. 2-1 プラスミドの精製 / p85 (0098.jp2)
  34. 2-2 S.aureusの染色体DNAの調整 / p87 (0100.jp2)
  35. 2-3 DNA断片の分離精製 / p87 (0100.jp2)
  36. 2-4 DNA断片の修飾 / p88 (0101.jp2)
  37. 2-5 形質転換 / p91 (0104.jp2)
  38. 2-6 オリゴDNAの合成および精製 / p93 (0106.jp2)
  39. 2-7 PCR(Polymerase Chain Reaction)法 / p94 (0107.jp2)
  40. 2-8 DNAプローブのRI標識 / p94 (0107.jp2)
  41. 2-9 サザン・ハイブリダイゼーション / p94 (0107.jp2)
  42. 2-10 塩基配列の決定 / p95 (0108.jp2)
  43. 2-11 塩基配列およびアミノ酸配列に関する情報処理 / p97 (0110.jp2)
  44. 2-12 ルシフェラーゼを用いたプロモーター活性測定法 / p97 (0110.jp2)
  45. 2-13 パルス・フィールド電気泳動法(Pulsed-Field Gel Electrophoresis:PFGE) / p98 (0111.jp2)
  46. 3 RNA技術 / p99 (0112.jp2)
  47. 3-1 S.aureusの全RNAの調製 / p99 (0112.jp2)
  48. 3-2 ノザン・ハイブリダイゼーション / p100 (0113.jp2)
  49. 3-3 プライマー伸長法 / p101 (0114.jp2)
  50. 3-4 ディファレンシャル・ディスプレイ法 / p102 (0115.jp2)
  51. 4 蛋白質技術 / p103 (0116.jp2)
  52. 4-1 E.coliにおける組み換え蛋白質の発現・精製 / p103 (0116.jp2)
  53. 4-2 SDSポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-Poly Acrilamide Gel Electrophoresis:SDS-PAGE) / p104 (0117.jp2)
  54. 4-3 二次元電気泳動法 / p105 (0118.jp2)
  55. 4-4 SDS-PAGE後のアクリルアミドゲルの染色 / p106 (0119.jp2)
  56. 4-5 エドマン分解法によるN末端アミノ酸配列シークエンス / p106 (0119.jp2)
  57. 4-6 ウェスタン・ブロッティング / p107 (0120.jp2)
  58. 5 その他方法 / p108 (0121.jp2)
  59. 5-1 ゲルシフト法 / p108 (0121.jp2)
  60. 5-2 原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscopy:AFM)によるDNA-蛋白質結合の観察 / p109 (0122.jp2)
  61. 5-3 最小生育阻止濃度(Minimum Inhibitory Concentration:MIC)と最小殺菌濃度(Minimum Bactericidal Concentration:MBC)の測定 / p110 (0123.jp2)
  62. 5-4 プラズマ原子吸光法(Plasma Atomic Emission)による細胞内に蓄積する亜鉛量の測定 / p110 (0123.jp2)
  63. 謝辞 / p112 (0125.jp2)
  64. 参考文献 / p113 (0126.jp2)
  65. The hsp Operons Are Repressed by the hrc37oftthe hsp70 Operon in Staphvlococcus aureus / p19 (0137.jp2)
  66. Chromosome-Determined Zinc-Responsible Operon czr in Staphylococcus aureus Strain 912 / p115 (0147.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185677
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185959
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000349991
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ