Protecting spermatogenesis from damaged induced by adriamycin using an LH-RH agonist (leuprorelin) : an image analysis study of a rat experimental model アドリアマイシンによる造精機能障害に対するLH-RHアゴニストの保護効果 : ラット実験モデルを用いたイメージアナリシスによる検討

この論文をさがす

著者

    • 眞鍋, 文雄 マナベ, フミオ

書誌事項

タイトル

Protecting spermatogenesis from damaged induced by adriamycin using an LH-RH agonist (leuprorelin) : an image analysis study of a rat experimental model

タイトル別名

アドリアマイシンによる造精機能障害に対するLH-RHアゴニストの保護効果 : ラット実験モデルを用いたイメージアナリシスによる検討

著者名

眞鍋, 文雄

著者別名

マナベ, フミオ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第1317号

学位授与年月日

1997-07-25

注記・抄録

博士論文

Thesis (Ph. D. in Medical Sciences)--University of Tsukuba, (B), no. 1317, 1997.7.25

Joint authors: Hitoshi Takeshima, Hideyuki Akaza

Offprint. Originally published as "Protecting spermatogenesis from damage induced by Doxorubicin using the luteinizing hormone-releasing hormone agonist Leuprorelin : an image analysis study of a rat experimental model" in Cancer, v. 79, no. 5, pp. 1014-1021, 1997

Includes supplementary treatises

2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185715
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185997
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350029
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ