発達障害児の認知過程から評価と学習指導

この論文をさがす

著者

    • 前川, 久男 マエカワ, ヒサオ

書誌事項

タイトル

発達障害児の認知過程から評価と学習指導

著者名

前川, 久男

著者別名

マエカワ, ヒサオ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (心身障害学)

学位授与番号

乙第1430号

学位授与年月日

1998-07-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1節 本研究の目的と意義 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.本研究の目的 / p1 (0008.jp2)
  5. 2.本研究の意義 / p4 (0011.jp2)
  6. 第2節 本研究領域の明確化 / p5 (0012.jp2)
  7. 1.発達障害児とは / p5 (0012.jp2)
  8. 2.発達障害と学習上の問題 / p8 (0015.jp2)
  9. 第3節 本論文の構成 / p11 (0018.jp2)
  10. 第2章 知的機能評価の理論的背景 / p13 (0020.jp2)
  11. 第1節 理論に基づく知能研究の必要性 / p13 (0020.jp2)
  12. 1.認知心理学と知能検査 / p13 (0020.jp2)
  13. 第2節 知的能力から認知プロセスへ / p22 (0029.jp2)
  14. 1.知能研究における動向 / p22 (0029.jp2)
  15. 2. J.P.Dasの情報処理過程に関するモデル / p23 (0030.jp2)
  16. 3. K-ABCの概要 / p37 (0044.jp2)
  17. 4. K-ABCの神経心理学的検査としての可能性 / p47 (0054.jp2)
  18. 5.精神遅滞児者の認知処理過程からの評価 / p51 (0058.jp2)
  19. 6.学習障害児の認知処理過程からの評価 / p54 (0061.jp2)
  20. 第3節 第2章の総括 / p57 (0064.jp2)
  21. 第3章 情報処理様式からの知的機能の評価 / p58 (0065.jp2)
  22. 第1節 日本の児童における認知処理様式の測定の妥当性 / p58 (0065.jp2)
  23. 1.はじめに / p58 (0065.jp2)
  24. 2.目的 / p59 (0066.jp2)
  25. 3.方法 / p59 (0066.jp2)
  26. 4.結果および考察 / p63 (0070.jp2)
  27. 5.まとめ / p71 (0078.jp2)
  28. 第2節 精神遅滞児における情報処理様式のK-ABCによる検討 / p73 (0080.jp2)
  29. 1.はじめに / p73 (0080.jp2)
  30. 2.目的 / p74 (0081.jp2)
  31. 3.方法 / p74 (0081.jp2)
  32. 4.結果 / p77 (0084.jp2)
  33. 5.考察 / p83 (0090.jp2)
  34. 6.まとめ / p84 (0091.jp2)
  35. 第3節 第3章の総括 / p85 (0092.jp2)
  36. 第4章 日本版K-ABC標準化による研究 / p86 (0093.jp2)
  37. 第1節 日本版K-ABCの標準化標準化 / p86 (0093.jp2)
  38. 1.日本版K-ABCの標準化標準化に至る経過 / p86 (0093.jp2)
  39. 2.日本版K-ABC標準化実験の概要 / p88 (0095.jp2)
  40. 3.日本版K-ABCの信頼性 / p99 (0106.jp2)
  41. 4.併存的妥当性 / p111 (0118.jp2)
  42. 4.まとめ / p113 (0120.jp2)
  43. 第2節 日本版K-ABCの構成概念的妥当性に関する検討 / p115 (0122.jp2)
  44. 1.はじめに / p115 (0122.jp2)
  45. 2.目的 / p115 (0122.jp2)
  46. 3.方法 / p115 (0122.jp2)
  47. 4.結果 / p116 (0123.jp2)
  48. 5.考察 / p122 (0129.jp2)
  49. 6.まとめ / p123 (0130.jp2)
  50. 第3節 日本版K-ABCの構成概念的妥当性の発達的検討 / p124 (0131.jp2)
  51. 1.はじめに / p124 (0131.jp2)
  52. 2.目的 / p124 (0131.jp2)
  53. 3.方法 / p124 (0131.jp2)
  54. 4.結果 / p126 (0133.jp2)
  55. 5.考察 / p136 (0143.jp2)
  56. 6.まとめ / p139 (0146.jp2)
  57. 第4節 第4章の総括 / p140 (0147.jp2)
  58. 第5章 情報処理様式からの知的機能評価に基づく指導法の検討 / p143 (0150.jp2)
  59. 第1節 本章の目的 / p143 (0150.jp2)
  60. 第2節 米国版K-ABCによる発達障害児の評価と指導から / p143 (0150.jp2)
  61. 1.はじめに / p143 (0150.jp2)
  62. 2.事例検討1 同時処理が強く、継次処理に問題もつ児童 / p144 (0151.jp2)
  63. 3.事例検討2 継次処理が強く、同時処理の弱い児童 / p151 (0158.jp2)
  64. 4.まとめ / p155 (0162.jp2)
  65. 第3節 読みに困難を示す事例の日本版K-ABCによる評価と指導 / p157 (0164.jp2)
  66. 1.はじめに / p157 (0164.jp2)
  67. 2.本節の目的 / p165 (0172.jp2)
  68. 3.読みに困難を示す事例1 / p167 (0174.jp2)
  69. 4.読みに困難を示す事例2 / p175 (0182.jp2)
  70. 5.考察 / p185 (0192.jp2)
  71. 6.まとめ / p190 (0197.jp2)
  72. 第4節 算数に困難を示す事例の日本版K-ABCによる評価と指導 / p191 (0198.jp2)
  73. 1.はじめに / p191 (0198.jp2)
  74. 2.算数に困難を示す事例3 / p192 (0199.jp2)
  75. 3.総合考察 / p213 (0220.jp2)
  76. 第5節 第5章の総括 / p215 (0222.jp2)
  77. 第6章 全体的総括 / p218 (0225.jp2)
  78. 第1節 理論に基づく知能のモデルと新たな認知機能の評価法 / p218 (0225.jp2)
  79. 第2節 認知処理過程の評価による指導の可能性 / p221 (0228.jp2)
  80. 第3節 PASSモデルによる知的活動の評価と今後の課題 / p225 (0232.jp2)
  81. 文献 / p227 (0234.jp2)
  82. 別冊 / (0251.jp2)
  83. 資料1 年齢別下位検査の評価点および標準得点への変換表 / (0251.jp2)
  84. 資料2 総合尺度の標準得点への変換表 / (0378.jp2)
  85. 資料3 内部相関表 / (0384.jp2)
14アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185727
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186009
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350041
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ