ドイツ語圏のスポーツ運動学をめぐる科学論争の展開に関する研究 ドイツゴケン ノ スポーツ ウンドウガク オ メグル カガク ロンソウ ノ テンカイ ニカンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 朝岡, 正雄 アサオカ, マサオ

書誌事項

タイトル

ドイツ語圏のスポーツ運動学をめぐる科学論争の展開に関する研究

タイトル別名

ドイツゴケン ノ スポーツ ウンドウガク オ メグル カガク ロンソウ ノ テンカイ ニカンスル ケンキュウ

著者名

朝岡, 正雄

著者別名

アサオカ, マサオ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (体育科学)

学位授与番号

乙第1443号

学位授与年月日

1998-07-24

注記・抄録

博士論文

筑波大学博士 (体育科学) 学位論文・平成10年7月24日授与 (乙第1443号)

目次

  1. -目次- / p1 (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0009.jp2)
  3. (1)本論のねらい / p2 (0010.jp2)
  4. (2)考察の手順 / p5 (0013.jp2)
  5. (3)本研究で用いられる資料と用語 / p7 (0015.jp2)
  6. 本論 / p10 (0018.jp2)
  7. 第I部 Fイツ語圏におけるスポーツ運動学の展開 / p11 (0019.jp2)
  8. 第1章 19世紀以降の運動研究の動向 / p12 (0020.jp2)
  9. 第1節 自然科学的運動研究の動向 / p13 (0021.jp2)
  10. (1)生理学的運動研究と力学的運動研究の統合 / p13 (0021.jp2)
  11. (2)心的生起の包含 / p15 (0023.jp2)
  12. 第2節 人間学的運動研究の動向 / p20 (0028.jp2)
  13. (1)人間学的運動理論の台頭 / p20 (0028.jp2)
  14. (2)機能運動学 / p22 (0030.jp2)
  15. (3)運動モルフォロギー / p25 (0033.jp2)
  16. 第3節 実践の側からの運動理論の構築とその動向 / p29 (0037.jp2)
  17. (1)体育実践者の出現 / p29 (0037.jp2)
  18. (2)体育実践への要求 / p30 (0038.jp2)
  19. (3)新しい体育実践者の出現とその運動理論 / p33 (0041.jp2)
  20. 第4節 まとめ / p37 (0045.jp2)
  21. 第2章 スポーツ運動学の成立と展開 / p38 (0046.jp2)
  22. 第1節 マイネル『運動学』の意義と矛盾 / p40 (0048.jp2)
  23. (1)『運動学』の時代背景 / p40 (0048.jp2)
  24. (2)スポーツ運動学の研究課題 / p42 (0050.jp2)
  25. (3)マイネル『運動学』の矛盾 / p46 (0054.jp2)
  26. 第2節 自然科学的運動研究の発展 / p50 (0058.jp2)
  27. (1)心理学的研究法の発達と「トレーニング学」の台頭 / p50 (0058.jp2)
  28. (2)サイバネティクスの運動研究への応用 / p53 (0061.jp2)
  29. (3)バイオメカニクスの発展 / p55 (0063.jp2)
  30. 第3節 マイネル『運動学』批判とスポーツ運動学の自然科学への傾斜 / p59 (0067.jp2)
  31. (1)マイネル『運動学』の批判 / p59 (0067.jp2)
  32. (2)スポーツ運動学の自然科学への傾斜 / p61 (0069.jp2)
  33. (3)横断科学としてのスポーツ運動学の構想 / p65 (0073.jp2)
  34. 第3章 総合科学としてのスポーツ運動学の構想 / p70 (0078.jp2)
  35. 第1節 2つの科学方法論 / p74 (0082.jp2)
  36. (1)自然科学の方法とその限界 / p74 (0082.jp2)
  37. (2)科学的事実の相対性 / p76 (0084.jp2)
  38. (3)自然科学と人間科学 / p79 (0087.jp2)
  39. (4)人間科学の方法 / p82 (0090.jp2)
  40. 第2節 学際科学としてのスポーツ運動学の構想 / p86 (0094.jp2)
  41. (1)横断科学から学際科学へ / p86 (0094.jp2)
  42. (2)累加的総合理論としてのスポーツ運動学の構想 / p88 (0096.jp2)
  43. (3)学際科学としてのスポーツ運動学の構想 / p93 (0101.jp2)
  44. (4)「行為理論」に基づく学際科学の構築とその問題性 / p96 (0104.jp2)
  45. 第3節 実践的応用理論としてのスポーツ運動学の構想 / p99 (0107.jp2)
  46. (1)運動研究における欠落 / p99 (0107.jp2)
  47. (2)応用科学の両義性 / p105 (0113.jp2)
  48. (3)実践的応用理論としてのスポーツ運動学の構想 / p108 (0116.jp2)
  49. 第II部 実践からの問題提起 / p114 (0122.jp2)
  50. 第1章 構成的アプローチとその問題性 / p115 (0123.jp2)
  51. 第1節「スポーツ達成力」の構造 / p116 (0124.jp2)
  52. (1)「体育科」の学習目標としての「運動技能」 / p116 (0124.jp2)
  53. (2)日本語の「運動」概念の両義牲 / p117 (0125.jp2)
  54. (3)「運動」概念の多義的使用に基づく「運動技能」概念の混乱 / p120 (0128.jp2)
  55. (4)「スポーツ達成力」の構造 / p122 (0130.jp2)
  56. 第2節 体力トレーニングの問題性 / p126 (0134.jp2)
  57. (1)わが国おける「体力」概念の一般的理解 / p126 (0134.jp2)
  58. (2)英語圏における“physical fitness"の一般的理解 / p129 (0137.jp2)
  59. (3)ドイツ語圏における“motorische Fähigkeiten"に関する研究 / p132 (0140.jp2)
  60. (4)エネルギー系体力のトレーニングとその問題点 / p134 (0142.jp2)
  61. (5)「調整力」の研究とその問題点 / p137 (0145.jp2)
  62. (6)体力トレーニングの今日的課題 / p144 (0152.jp2)
  63. 第3節 技術トレーニングの今日的課題 / p152 (0160.jp2)
  64. (1)わが国における「運動技術」概念の理解とその問題性 / p152 (0160.jp2)
  65. (2)「技術」とは何か / p156 (0164.jp2)
  66. (3)スポーツ技術とは何か / p164 (0172.jp2)
  67. (4)運動技術の客観化をめぐる諸問題 / p175 (0183.jp2)
  68. 第2章 運動指導をめぐる諸問題 / p180 (0188.jp2)
  69. 第1節 「運動学習」の教育学的価値 / p181 (0189.jp2)
  70. (1)「体育」では何を教えるのか / p181 (0189.jp2)
  71. (2)「体育」の中核的教育内容としての「運動学習」 / p183 (0191.jp2)
  72. 第2節 人間の場合の運動学習の特性 / p187 (0195.jp2)
  73. (1)運動学習の研究 / p187 (0195.jp2)
  74. (2)人間の場合の運動発達の特殊性 / p188 (0196.jp2)
  75. (3)運動の習得 / p189 (0197.jp2)
  76. (3)運動の形成 / p191 (0199.jp2)
  77. 第3節 運動の学習位相の展開 / p193 (0201.jp2)
  78. (1)学習位相 / p193 (0201.jp2)
  79. (2)基本運動系と技術運動系 / p194 (0202.jp2)
  80. (3)基本運動系の学習位相の展開 / p196 (0204.jp2)
  81. (4)技術運動系の学習位相の展開 / p199 (0207.jp2)
  82. 第4節 運動指導の前提条件 / p202 (0210.jp2)
  83. (1)「運動知識」 / p202 (0210.jp2)
  84. (2)目標値の確認とその問題性 / p204 (0212.jp2)
  85. (3)現在値の確認とその問題性 / p209 (0217.jp2)
  86. 第5節 動き方を教える / p218 (0226.jp2)
  87. (1)知の両義性 / p218 (0226.jp2)
  88. (2)「身体知」とはどのようなものか? / p220 (0228.jp2)
  89. (3)「身体知」はどのようにして獲得されるのか? / p221 (0229.jp2)
  90. (4)「身体知」はどのようにして教えることができるのか? / p222 (0230.jp2)
  91. 結論 / p225 (0233.jp2)
  92. (1)ドイツ語圏におけるスポーツ運動学の現状 / p228 (0236.jp2)
  93. (2)「モルフォロギー的考察法」をめぐる混乱 / p232 (0240.jp2)
  94. (3)運動モルフォロギーの方法 / p236 (0244.jp2)
  95. (4)実践的統合理論構築への展望 / p239 (0247.jp2)
  96. 引用・参考文献 / p247 (0255.jp2)
16アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185740
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186022
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350054
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ