現代農民のライフ・ヒストリーと就農行動 : 「納得論理」型農民教育の創造 ゲンダイ ノウミン ノ ライフ ヒストリー ト シュウノウ コウドウ : ナットク ロンリガタ ノウミン キョウイク ノ ソウゾウ

この論文をさがす

著者

    • 安藤, 義道 アンドウ, ヨシミチ

書誌事項

タイトル

現代農民のライフ・ヒストリーと就農行動 : 「納得論理」型農民教育の創造

タイトル別名

ゲンダイ ノウミン ノ ライフ ヒストリー ト シュウノウ コウドウ : ナットク ロンリガタ ノウミン キョウイク ノ ソウゾウ

著者名

安藤, 義道

著者別名

アンドウ, ヨシミチ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第1451号

学位授与年月日

1998-10-31

注記・抄録

博士論文

筑波大学博士 (農学) 学位論文・平成10年10月31日授与 (乙第1451号)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0008.jp2)
  3. 第I章 農民教育とライフ・ヒストリー論 / p6 (0013.jp2)
  4. 第1節 農民教育の展開 / p6 (0013.jp2)
  5. 1.農業後継者の確保と養成 / p6 (0013.jp2)
  6. 2.農民の学習 / p13 (0020.jp2)
  7. 第2節 現代農民のライフ・ヒストリー論 / p19 (0026.jp2)
  8. 1.ライフ・ヒストリーの枠組み / p19 (0026.jp2)
  9. 2.現代農民の就農行動とライフ・ヒストリー論 / p25 (0032.jp2)
  10. 第II章 茨城県下農民のライフ・ヒストリーと就農行動 / p34 (0041.jp2)
  11. 第1節 調査地設定と調査手法 / p35 (0042.jp2)
  12. 第2節 学卒即農民の就農行動 / p42 (0049.jp2)
  13. 1.鈴木 一雄(水戸市)順応「百姓をやるんだ」 / p43 (0050.jp2)
  14. 2.椎名 尚志(常陸太田市)反発「親と同じはしゃく」 / p45 (0052.jp2)
  15. 3.須賀野 栄(旭村)期待「跡継ぎと期待され」 / p48 (0055.jp2)
  16. 4.仲田 幸一(玉造町)運命「父の突然の死亡で」 / p50 (0057.jp2)
  17. 5.大山 一雄(茎崎町)研修「1年の研修を終えて」 / p53 (0060.jp2)
  18. 6.斉藤 孝夫(下妻市)納得「母の病気で決意」 / p56 (0063.jp2)
  19. 7.秋田 均(境町)性格「農業が合っている」 / p59 (0066.jp2)
  20. 第3節 Uターン農民の就農行動 / p65 (0072.jp2)
  21. 1.小林 洋一(神栖町)転職「出向命令が契機で」 / p66 (0073.jp2)
  22. 2.田口 正彦(鉾田町)計画「少し勤めて就農」 / p69 (0076.jp2)
  23. 3.大塚 宏之(真壁町)復帰「就農、離農、再就農」 / p72 (0079.jp2)
  24. 4.古沢 鶴雄(結城市)決断「父の病気で決断」 / p75 (0082.jp2)
  25. 5.若林 正一(江戸崎町)転機「手伝いから本業に」 / p79 (0086.jp2)
  26. 6.小貫 武(千代田町)契機「職場のトラブルで」 / p83 (0090.jp2)
  27. 7.小林 巧(水府村)反復「就職、就農の繰り返し」 / p86 (0093.jp2)
  28. 第4節 新規参入農民の就農行動 / p91 (0098.jp2)
  29. 1.樫村 幸次(北茨城市)興味「学生時代から援農」 / p91 (0098.jp2)
  30. 2.早藤 孝(高萩市)転職「職場の入植募集で」 / p96 (0103.jp2)
  31. 3.上野 隆(関城町)趣味「父の趣味の手伝いから」 / p101 (0108.jp2)
  32. 4.秋田 広昭(美野里町)事業「サラブレッドから養豚」 / p105 (0112.jp2)
  33. 5.戸松 正(猿島町)有機「ベトナムでの経験から」 / p110 (0117.jp2)
  34. 6.藤本 芳博(北浦村)有機「薬づけの養鶏に嫌気」 / p116 (0123.jp2)
  35. 第5節 大規模経営農民の就農行動 / p122 (0129.jp2)
  36. 1.斉藤 正(茨城町)選択「今の立地条件を生かす」 / p123 (0130.jp2)
  37. 2.柳町 政弘(新利根町)事業「100町歩規模で稲作経営を」 / p126 (0133.jp2)
  38. 3.海老沢宗一(つくば市)追求「国貞正俊の講演に感銘」 / p130 (0137.jp2)
  39. 4.大島 康司(協和町)競争「伸びる農家を伸ばせ」 / p135 (0142.jp2)
  40. 5.森 雅美(三和町)開拓「悪い条件でも受ける」 / p139 (0146.jp2)
  41. 6.土金 昭(那珂町)使命「やらねばの使命感」 / p142 (0149.jp2)
  42. 7.広瀬 幸雄(下館市)模索「いろいろ迷っている」 / p146 (0153.jp2)
  43. 第6節 女性農民の就農行動 / p153 (0160.jp2)
  44. 1.塚原真利子(三和町)独立独歩「バラ作りは誇り」 / p154 (0161.jp2)
  45. 2.中山美津子(つくば市)夫婦共習「よく二人で見にいく」 / p157 (0164.jp2)
  46. 3.岩井 巻江(旭村)主婦専業「ほとんど専業主婦」 / p160 (0167.jp2)
  47. 4.佐藤 晴美(大子町)他者依存「一人の時が嫌」 / p163 (0170.jp2)
  48. 5.古沢 笑子(下館市)夫婦対等「夫は永遠のライバル」 / p166 (0173.jp2)
  49. 6.熊谷美代子(土浦市)農外就業「パートも気晴らしに」 / p170 (0177.jp2)
  50. 7.園部 静子(水戸市)夫唱婦随「最近になって外の手伝い」 / p174 (0181.jp2)
  51. 第7節 高齢農民の就農行動 / p180 (0187.jp2)
  52. 1.江橋 賢三(玉里村)定年退職「校長退職後にシクラメン」 / p180 (0187.jp2)
  53. 2.塚本宇太郎(内原町)後継不在「そろそろ自分も限界」 / p185 (0192.jp2)
  54. 3.竿代 喜代(桜川村)老後趣味「私は農に生きる人間」 / p190 (0197.jp2)
  55. 第III章 農民文学・農業日記と農民教育の展開 / p197 (0204.jp2)
  56. 第1節 文学・日記を取り上げる意味 / p198 (0205.jp2)
  57. 第2節 文学にあらわれた農民の就農行動 / p201 (0208.jp2)
  58. 1.『種かかしの詩』の主人公農夫也の就農行動 / p202 (0209.jp2)
  59. 2.『父と子の伝説』の主人公農夫也の就農行動 / p205 (0212.jp2)
  60. 3.『ひこばえの歌』の主人公農夫也の就農行動 / p209 (0216.jp2)
  61. 第3節 農業日記にあらわれた農民の就農行動 / p217 (0224.jp2)
  62. 1.「大島日記」にみられる農民の就農行動 / p218 (0225.jp2)
  63. 2.「江橋日記」にみられる農民の就農行動 / p222 (0229.jp2)
  64. 第4節 犬田卯の農民文学論と農民教育論 / p227 (0234.jp2)
  65. 1.農民と文学 / p228 (0235.jp2)
  66. 2.農民と教育 / p230 (0237.jp2)
  67. 結語 「説得論理」の農民教育から「納得論理」の農民教育へ / p236 (0243.jp2)
  68. 引用文献 / p243 (0250.jp2)
  69. 参考文献 / p246 (0253.jp2)
  70. あとがき / p250 (0257.jp2)
14アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185747
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186029
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350061
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ