水海道方言における格の範疇 ミツカイドウ ホウゲン ニオケル カク ノ ハンチュウ

この論文をさがす

著者

    • 佐々木, 冠 ササキ, カン

書誌事項

タイトル

水海道方言における格の範疇

タイトル別名

ミツカイドウ ホウゲン ニオケル カク ノ ハンチュウ

著者名

佐々木, 冠

著者別名

ササキ, カン

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (言語学)

学位授与番号

乙第1479号

学位授与年月日

1999-02-28

注記・抄録

博士論文

第1章 序論 本稿は、水海道方言の格大系を、格形式の統語論上の性質を記述することを通して明らかにしようとする試みである。この論文で「水海道方言(みつかいどうほうげん)」として言及する ...

筑波大学博士 (言語学) 学位論文・平成11年2月28日授与 (乙第1479号)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 音韻論と形態論の概観 / p6 (0010.jp2)
  4. 2.1 音韻論 / p6 (0010.jp2)
  5. 2.2 形態論 / p9 (0013.jp2)
  6. 第3章 連体修飾格 / p14 (0018.jp2)
  7. 3.1 はじめに / p14 (0018.jp2)
  8. 3.2 先行研究 / p16 (0020.jp2)
  9. 3.3 所有格としてのNP-nga / p18 (0022.jp2)
  10. 3.4 場所格(連体)としてのNP-na / p25 (0029.jp2)
  11. 3.5 連体修飾構造における文法格と意味格 / p27 (0031.jp2)
  12. 3.6 格の範疇としての連体修飾格 / p30 (0034.jp2)
  13. 3.7 もう一つの分析の可能性 / p32 (0036.jp2)
  14. 3.8 連体修飾格の準体助詞としての用法 / p33 (0037.jp2)
  15. 3.9 残された課題 / p38 (0042.jp2)
  16. 第4章 有生対格と無生対格の統語論 / p40 (0044.jp2)
  17. 4.1 はじめに:分裂対格体系 / p40 (0044.jp2)
  18. 4.2 有生対格としての-godo / p41 (0045.jp2)
  19. 4.3 二重対格構文(1):非繰り上げ型 / p45 (0049.jp2)
  20. 4.4 二重対格構文(2):所有者繰り上げ型 / p47 (0051.jp2)
  21. 4.5 主語-目的語繰り上げ構文 / p60 (0064.jp2)
  22. 4.6 終わりに / p63 (0067.jp2)
  23. 第5章 文法的斜格と格の範疇 / p67 (0071.jp2)
  24. 5.1 はじめに:文法的斜格 / p67 (0071.jp2)
  25. 5.2 議論のための諸前提 / p70 (0074.jp2)
  26. 5.3 経験者格名詞句の統語論上の性質 / p82 (0086.jp2)
  27. 5.4 与格名詞句の統語論上の性質 / p103 (0107.jp2)
  28. 5.5 経験者格名詞句と与格名詞句の文法関係に関する分類 / p114 (0118.jp2)
  29. 5.6 位格名詞句の統語論上の性質 / p115 (0119.jp2)
  30. 5.7 連用修飾構造における格の範疇 / p121 (0125.jp2)
  31. 5.8 まとめ / p125 (0129.jp2)
  32. 第6章 水海道方言における格の範疇 / p129 (0133.jp2)
  33. 6.1 格の範疇に関する素性 / p129 (0133.jp2)
  34. 6.2 分布格と形式格 / p131 (0135.jp2)
  35. 6.3 意味的限定性 / p133 (0137.jp2)
  36. 第7章 結論 / p135 (0139.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185775
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186058
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350089
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ