古ストア派の政治哲学 コストアハ ノ セイジ テツガク

この論文をさがす

著者

    • 上田, 慎一 ウエダ, シンイチ

書誌事項

タイトル

古ストア派の政治哲学

タイトル別名

コストアハ ノ セイジ テツガク

著者名

上田, 慎一

著者別名

ウエダ, シンイチ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第1481号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

この論考はストア派の政治哲学の解明を意図するものである。と言っても、これに多少の限定を加えねばならない。まずストア派の歴史は大まかに言って、学派開設者キティオンのゼノン(BC.335-263)から体系完成者クリュシュッポス(ca.280-206)を通じてその弟子たちに至る「古ストア派」(あるいは「初期ストア派」。ただし、筆者はこの呼称をクリュシッポス以前のストア派を差すものとして用いたいので、この言い方はしない)、パナイティオスやポセイドニオスに代表される「中(期)ストア派」、 ...

筑波大学博士 (文学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (乙第1481号)

目次

  1. 目次 / (0007.jp2)
  2. 序章 / p1 (0009.jp2)
  3. 1:目的と状況 / p1 (0009.jp2)
  4. 2:先行研究の状況 / p3 (0011.jp2)
  5. 3:問題の限定 / p7 (0015.jp2)
  6. 4:方針と構成 / p9 (0017.jp2)
  7. 1 セネカと怒りの治癒-Contra M.C.Nussbaum- / p16 (0024.jp2)
  8. 1:ナスバウムのセネカ批判 / p16 (0024.jp2)
  9. 2:セネカにおける「怒り」 / p18 (0026.jp2)
  10. 3:義憤の全否定 / p21 (0029.jp2)
  11. 4:怒らない人の知的状態と怒り治癒の体系 / p22 (0030.jp2)
  12. 5:『怒りについて』の価値体系 / p27 (0035.jp2)
  13. 6:医術の類比と『怒りについて』の政治術 / p28 (0036.jp2)
  14. 2 キケロとストア政治哲学-『究極善悪論』第3巻結尾部分- / p38 (0046.jp2)
  15. 1:『究極善悪論』内部の批判 / p39 (0047.jp2)
  16. 2:ある法学者による批判 / p42 (0050.jp2)
  17. 3:カトーあるいはストア派からの応答 / p44 (0052.jp2)
  18. 3 政治学の地位-体系における政治学と政治学関係著作の所在- / p54 (0062.jp2)
  19. 1:政治学の位置 / p54 (0062.jp2)
  20. 2:キケロの証言 / p57 (0065.jp2)
  21. 3:ストア派の政治学関係著作 / p59 (0067.jp2)
  22. 4 クリュシッポス『法論』の射程-冒頭部分断片を中心に- / p67 (0075.jp2)
  23. 1:証言者マルキアヌスの意図 / p67 (0075.jp2)
  24. 2:『法論』冒頭が示唆する前史 / p70 (0078.jp2)
  25. 3:クリュシッポス断片の射程 / p72 (0080.jp2)
  26. 5 原理と忠告-セネカ書簡集におけるストア派の法規論- / p79 (0087.jp2)
  27. 1:機能限定された忠告:ポセイドニオス / p80 (0088.jp2)
  28. 2:原理への集約:アリストン / p82 (0090.jp2)
  29. 3:状況に対応するルール:クレアンテス、セネカ / p85 (0093.jp2)
  30. 6 古ストア派の正当行為 / p91 (0099.jp2)
  31. 1:適法行為としての正当行為 / p91 (0099.jp2)
  32. 2:正当行為とその命令 / p92 (0100.jp2)
  33. 3:複文的命令としての留保意欲 / p93 (0101.jp2)
  34. 4:評価に関わる命令 / p96 (0104.jp2)
  35. 7 古ストア派のコスモポリタニズム / p103 (0111.jp2)
  36. 1:コスモポリタニズムとは / p103 (0111.jp2)
  37. 2:いくつかの手掛かり / p104 (0112.jp2)
  38. 3:ネガティブかポジティブか / p105 (0113.jp2)
  39. 4:世界国家主義か世界市民主義か / p108 (0116.jp2)
  40. 5:宇宙論か国家論か / p110 (0118.jp2)
  41. 8 ゼノン『国家』の理論的位置 / p116 (0124.jp2)
  42. 1:『国家』をとりまく状況 / p116 (0124.jp2)
  43. 2:態度の決定と諸問題の解決 / p119 (0127.jp2)
  44. 3:体系内における『国家』の位置 / p123 (0131.jp2)
  45. 9 古ストア派における友愛と愛情 / p128 (0136.jp2)
  46. 1:国家の紐帯 / p129 (0137.jp2)
  47. 2:2つの愛情? / p133 (0141.jp2)
  48. 3:凡人類愛との齟齬? / p135 (0143.jp2)
  49. 4:賢者とその友愛 / p137 (0145.jp2)
  50. 結語 / p147 (0155.jp2)
  51. 文献表 / p149 (0157.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185777
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186060
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350091
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ