3メートル法サイト減衰量に関する研究 3メートルホウ サイト ゲンスイリョウ ニカンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 若林, 良二 ワカバヤシ, リョウジ

書誌事項

タイトル

3メートル法サイト減衰量に関する研究

タイトル別名

3メートルホウ サイト ゲンスイリョウ ニカンスル ケンキュウ

著者名

若林, 良二

著者別名

ワカバヤシ, リョウジ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第1517号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

現在の社会に共通するエコロジー問題は,電気・電子分野でもEMC(Electromagnetic Compatibility: 環境電磁工学),EMI(Electromagnetic Interference: 電磁妨害)問題として,盛んに議論されている.EMC/EMI問題の発端は,無線通信妨害から始まった.無線通信の歴史は1864年,J.C.Maxwellが従来からの電磁気学の定説 ...

筑波大学博士 (工学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (乙第1517号)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景と目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p9 (0009.jp2)
  5. 第2章 サイト減衰量 / p13 (0011.jp2)
  6. 2.1 まえがき / p13 (0011.jp2)
  7. 2.2 サイト減衰量の定義 / p14 (0012.jp2)
  8. 2.3 回調ダイポールとその寸法および入力インピーダンス / p18 (0014.jp2)
  9. 2.4 初期のサイト減衰量理論解析とその問題点 / p20 (0015.jp2)
  10. 2.5 サイト減衰量の測定方法 / p22 (0016.jp2)
  11. 2.6 正規化サイト減衰量 / p23 (0016.jp2)
  12. 2.7 むすび / p25 (0017.jp2)
  13. 第3章 導体板上におけるサイト減衰量 / p27 (0018.jp2)
  14. 3.1 まえがき / p27 (0018.jp2)
  15. 3.2 EMF法による解析 / p28 (0019.jp2)
  16. 3.3 I.C.T.法による解析 / p38 (0024.jp2)
  17. 3.4 MoMによる解析 / p48 (0029.jp2)
  18. 3.5 4端子回路理論による解析 / p51 (0030.jp2)
  19. 3.6 受信アンテナと負荷との問に不整合が生じている場合 / p84 (0047.jp2)
  20. 3.7 むすび / p92 (0051.jp2)
  21. 第4章 大地上におけるサイト減衰量 / p95 (0052.jp2)
  22. 4.1 まえがき / p95 (0052.jp2)
  23. 4.2 大地上におけるヘルツベクトル / p95 (0052.jp2)
  24. 4.3 解析結果 / p97 (0053.jp2)
  25. 4.4 むすび / p105 (0057.jp2)
  26. 第5章 広帯域アンテナ(30~1000MHz)を使用した場合のサイト減衰量 / p107 (0058.jp2)
  27. 5.1 まえがき / p107 (0058.jp2)
  28. 5.2 バイコニカルアンテナを使用した場合 / p108 (0059.jp2)
  29. 5.3 LPDAを使用した場合 / p116 (0063.jp2)
  30. 5.4 EMI計測用円偏波LPDAの提案 / p133 (0071.jp2)
  31. 5.5 むすび / p147 (0078.jp2)
  32. 第6章 1GHz以上のマイクロ波帯におけるサイト減衰量 / p149 (0079.jp2)
  33. 6.1 まえがき / p149 (0079.jp2)
  34. 6.2 一般的なCLSA / p150 (0080.jp2)
  35. 6.3 直線偏波CLSAの提案 / p153 (0081.jp2)
  36. 6.4 むすび / p164 (0087.jp2)
  37. 第7章 結論 / p165 (0087.jp2)
  38. 謝辞 / p169 (0089.jp2)
  39. 参考文献 / p171 (0090.jp2)
  40. 付録A EMF法 / p175 (0092.jp2)
  41. 付録B I.C.T.法 / p181 (0095.jp2)
  42. B.1 1素子アンテナの給電点インピーダンスの電流分布に対する停留性 / p181 (0095.jp2)
  43. B.2 多素子アンテナ系における給電点インピーダンスの電流分布に対する停留性 / p186 (0098.jp2)
  44. B.3 I.C.T.法 / p191 (0100.jp2)
  45. 付録C MoM / p195 (0102.jp2)
  46. C.1 MoMの概論 / p195 (0102.jp2)
  47. C.2 MoMを用いた線状アンテナの解析 / p197 (0103.jp2)
  48. C.3 MoMにおける各行列成分の計算 / p199 (0104.jp2)
  49. 付録D / p215 (0112.jp2)
  50. D.1 本研究に関する論文 / p215 (0112.jp2)
  51. D.2 本研究に関する国際会議発表論文 / p216 (0113.jp2)
  52. D.3 本研究に関する口頭発表論文 / p218 (0114.jp2)
  53. D.4 本研究に関するその他の論文 / p220 (0115.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185813
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186096
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350127
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ