Thiobarbituric acid reactive substances are increased in the subcutaneous fat tissue of patients with end stage renal disease チオバルビツール酸反応物質は終末期腎不全患者の皮下脂肪組織中に増加している

この論文をさがす

著者

    • 後藤, 達宏 ゴトウ, ミチヒロ

書誌事項

タイトル

Thiobarbituric acid reactive substances are increased in the subcutaneous fat tissue of patients with end stage renal disease

タイトル別名

チオバルビツール酸反応物質は終末期腎不全患者の皮下脂肪組織中に増加している

著者名

後藤, 達宏

著者別名

ゴトウ, ミチヒロ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第1521号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

筑波大学博士 (医学) 学位論文・平成11年3月25日授与 (乙第1521号)

付: 参考文献

目次

  1. 第1章 過酸化脂質と生体 / p5 (0008.jp2)
  2. 1-1 はじめに / p5 (0008.jp2)
  3. 1-2 過酸化脂質の生成 / p5 (0008.jp2)
  4. 1-3 生体と抗酸化機構 / p6 (0009.jp2)
  5. 1-4 過酸化脂質の生成と疾患 / p7 (0010.jp2)
  6. 第1章 参考文献 / p10 (0013.jp2)
  7. 第2章 過酸化脂質とその測定方法 / p13 (0016.jp2)
  8. 2-1 生体内の過酸化脂質について / p13 (0016.jp2)
  9. 2-2 過酸化脂質の測定法について / p13 (0016.jp2)
  10. 2-3 チオバルビツール酸法について / p16 (0019.jp2)
  11. 第2章参考文献 / p18 (0021.jp2)
  12. 第3章 慢性腎不全患者の過酸化傾向 / p20 (0023.jp2)
  13. 3-1 メチルグアニジンについて / p20 (0023.jp2)
  14. 3-2 血清過酸化脂質について / p22 (0025.jp2)
  15. 3-3 赤血球膜過酸化脂質について / p24 (0027.jp2)
  16. 3-4 血清抗酸化能について / p25 (0028.jp2)
  17. 3-5 血液透析と過酸化脂質について / p26 (0029.jp2)
  18. 3-6 腎性貧血について / p28 (0031.jp2)
  19. 3-7 皮膚掻痒症について / p29 (0032.jp2)
  20. 3-8 腎性骨異栄養症について / p30 (0033.jp2)
  21. 第3章 参考文献 / p31 (0034.jp2)
  22. 第4章 終末期腎不全患者の皮下脂肪組織中の過酸化脂質について / p35 (0038.jp2)
  23. 4-1 目的 / p35 (0038.jp2)
  24. 4-2 対象 / p35 (0038.jp2)
  25. 4-3 方法 / p37 (0040.jp2)
  26. 4-4 結果 / p39 (0042.jp2)
  27. 4-5 考察 / p42 (0045.jp2)
  28. 第4章 参考文献 / p46 (0049.jp2)
  29. 謝辞 / p49 (0052.jp2)
  30. Thiobarbituric acid reactive substances are increased in the subcutaneous fat tissue of patients with end-stage renal disease / p713 (0074.jp2)
  31. Increased Lipid Peroxidation by Rat Liver Microsomes in Experimental Renal Failure / p204 (0077.jp2)
  32. Decreased Serum Antioxidant Activity of Hemodialysis Patients Demonstrated by Methylguanidine Synthesis and Microsomal Lipid Peroxidation / p555 (0080.jp2)
  33. Favorable Effect of Hemodialysis on Decreased Serum Antioxidant Activity in Hemodialysis Patients Demonstrated by Electron Spin Resonance / (0083.jp2)
  34. Biosynthesis of Guanidine in Isolated Rat Hepatocytes,Perfused Rat Liver and Intact Animals / p334 (0087.jp2)
  35. Biosynthesis of Methylguanidine in the Hepatic Peroxisomes and the Effect of the Induction of Peroxisomal Enzymes by Clofibrate / (0091.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185817
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186100
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000350131
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ