ヘンリー・ブラクトンの法思想に関する一考察 : 「法の支配」の源流をたずねて

この論文をさがす

著者

    • 松原, 幸恵 マツバラ, ユキエ

書誌事項

タイトル

ヘンリー・ブラクトンの法思想に関する一考察 : 「法の支配」の源流をたずねて

著者名

松原, 幸恵

著者別名

マツバラ, ユキエ

学位授与大学

国際基督教大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

乙第8号

学位授与年月日

2000-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. はじめに / p1 (0007.jp2)
  3. 第一章 分析の視角 / p4 (0010.jp2)
  4. 第二章 ブラクトンとその意義 / p11 (0017.jp2)
  5. 第一節 ブラクトンの人物像 / p11 (0017.jp2)
  6. 第二節 ブラクトンの著作-『イングランドの法と慣習について』 / p14 (0020.jp2)
  7. 第三節 ブラクトンの意義 / p18 (0024.jp2)
  8. 第一項 判例の使用 / p18 (0024.jp2)
  9. 第二項 クックによる再評価 / p22 (0028.jp2)
  10. [小括] / p26 (0032.jp2)
  11. 第三章 ブラクトンの王権論に関する学説の検討 / p27 (0033.jp2)
  12. 第一節 王権に関するブラクトンの記述 / p27 (0033.jp2)
  13. 第二節 学説 / p29 (0035.jp2)
  14. 第一項 初期の学説 / p29 (0035.jp2)
  15. 第二項 マッキルウェイン / p33 (0039.jp2)
  16. 第三項 シュルツ / p37 (0043.jp2)
  17. 第四項 E.H.カントーロヴィチ / p40 (0046.jp2)
  18. 第三節 学説の検討 / p43 (0049.jp2)
  19. 第一項 司法と統治の峻別について / p43 (0049.jp2)
  20. 第二項 「君主を喜ばすものは法の力を有する」の解釈について / p47 (0053.jp2)
  21. [小括] / p48 (0054.jp2)
  22. 第四章 ブラクトンにおける法 / p50 (0056.jp2)
  23. 第一節 法と慣習の関係をめぐる学説 / p50 (0056.jp2)
  24. 第二節 ブラクトンにおける法と慣習 / p54 (0060.jp2)
  25. [小括] / p65 (0071.jp2)
  26. 第五章 ブラクトンにおける神 / p67 (0073.jp2)
  27. 第一節 国王と神 / p67 (0073.jp2)
  28. 第二節 王権と教権 / p72 (0078.jp2)
  29. 第一項 両権論 / p72 (0078.jp2)
  30. 第二項 中世期イングランドにおける聖俗の関係 / p80 (0086.jp2)
  31. 第三項 ブラクトンにおける王権と教権 / p86 (0092.jp2)
  32. [小括] / p93 (0099.jp2)
  33. 第六章 結論-ブラクトンにおける「法の支配」 / p95 (0101.jp2)
  34. おわりに / p102 (0108.jp2)
  35. BIBLIOGRAPHY/参考文献 / p104 (0110.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185852
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186135
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350166
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ