経済指数の理論と適用 : 消費分析への経済指数の適用

この論文をさがす

著者

    • 水野, 勝之 ミズノ, カツシ

書誌事項

タイトル

経済指数の理論と適用 : 消費分析への経済指数の適用

著者名

水野, 勝之

著者別名

ミズノ, カツシ

学位授与大学

明治大学

取得学位

博士 (商学)

学位授与番号

乙第298号

学位授与年月日

2000-02-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 課題と構成 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1節 経済指数と経済理論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.経済指数の活用 / p1 (0008.jp2)
  5. 2.経済理論との結合 / p2 (0009.jp2)
  6. 第2節 本書の構成 / p4 (0011.jp2)
  7. 1.前半の構成 / p4 (0011.jp2)
  8. 2.後半の構成 / p5 (0012.jp2)
  9. 第I部 ディビジア指数,フリッシュ指数及び真の指数 / (0016.jp2)
  10. 第1章 真の指数 / p11 (0018.jp2)
  11. 第1節 真の生計費指数の定式化 / p11 (0018.jp2)
  12. 1.間接効用関数 / p11 (0018.jp2)
  13. 2.真の生計費指数(1)-定式化- / p13 (0020.jp2)
  14. 3.真の生計費指数(2)-図による説明- / p14 (0021.jp2)
  15. 4.真の実質所得指数 / p16 (0023.jp2)
  16. 5.真の生計費指数の一般的表現 / p17 (0024.jp2)
  17. 6.真の限界価格指数 / p18 (0025.jp2)
  18. 7.効用関数の特定化による具体例(1)-コブ=ダグラス型効用関数を用いたケース- / p19 (0026.jp2)
  19. 8.効用関数の特定化による具体例(2)-クライン=ルービン型効用関数を用いたケース- / p22 (0029.jp2)
  20. 9.真の数量指数 / p26 (0033.jp2)
  21. 第2節 真の指数と他の指数との比較 / p29 (0036.jp2)
  22. 1.真の生計費指数とラスパイレス価格指数との比較 / p29 (0036.jp2)
  23. 2.真の生計費指数とパーシェ価格指数との比較 / p32 (0039.jp2)
  24. 3.真の生計費指数を求める条件 / p33 (0040.jp2)
  25. 第2章 ディビジア指数とフリッシュ指数 / p36 (0043.jp2)
  26. 第1節 ディビジア指数の定式化 / p36 (0043.jp2)
  27. 1.ディビジア指数 / p36 (0043.jp2)
  28. 2.ディビジア積分指数 / p37 (0044.jp2)
  29. 第2節 ディビジア指数の計算方法 / p40 (0047.jp2)
  30. 1.連続形としての計算方法 / p40 (0047.jp2)
  31. 2.離散形としての計算方法(1)-連鎖指数のケース- / p42 (0049.jp2)
  32. 3.離散形としての計算方法(2)-ディビジア指数の離散形- / p45 (0052.jp2)
  33. 4.ディビジア指数とフィッシャーのテスト / p51 (0058.jp2)
  34. 5.ディビジア指数の意義 / p52 (0059.jp2)
  35. 第3節 ディビジア指数に関連する諸概念 / p53 (0060.jp2)
  36. 1.ディビジア分散とディビジア共分散 / p53 (0060.jp2)
  37. 2.理想対数変化型指数 / p57 (0064.jp2)
  38. 3.フリッシュ指数 / p60 (0067.jp2)
  39. 4.真の指数との対応関係 / p64 (0071.jp2)
  40. 第II部 経済指数の計測とその応用 / (0076.jp2)
  41. 第3章 シズテム-ワイド・アプローチヘの応用 / p71 (0078.jp2)
  42. 第1節 システム-ワイド・アプローチの概念 / p71 (0078.jp2)
  43. 1.システム-ワイド・アプローチ / p71 (0078.jp2)
  44. 2.システム-ワイド・アプローチの構成 / p72 (0079.jp2)
  45. 第2節 システム-ワイド・アプローチの消費理論 / p73 (0080.jp2)
  46. 1.消費理論の特徴 / p73 (0080.jp2)
  47. 2.消費理論 / p75 (0082.jp2)
  48. 3.消費の質的指数 / p80 (0087.jp2)
  49. 4.推定方法 / p82 (0089.jp2)
  50. 第3節 選好独立と集計 / p84 (0091.jp2)
  51. 1.選好独立 / p84 (0091.jp2)
  52. 2.消費需要方程式のグループ集計 / p87 (0094.jp2)
  53. 3.条件付消費需要方程式 / p90 (0097.jp2)
  54. 第4章 Σ-QES型需要関数への応用-フリッシュモーメントと真の指数の計算- / p93 (0100.jp2)
  55. 第1節 フリッシュモーメント / p93 (0100.jp2)
  56. 1.Σ-QES型需要関数とフリッシュモーメント / p93 (0100.jp2)
  57. 2.フリッシュモーメントとその適用 / p94 (0101.jp2)
  58. 第2節 Σ-QES型需要関数 / p96 (0103.jp2)
  59. 1.Σ-QES型需要関数 / p96 (0103.jp2)
  60. 2.Σ-QES型需要関数と限界シェア / p98 (0105.jp2)
  61. 第3節 実証的計算 / p99 (0106.jp2)
  62. 1.限界シェアの推定 / p99 (0106.jp2)
  63. 2.フリッシュモーメントの計算 / p101 (0108.jp2)
  64. 3.真の指数の計測 / p105 (0112.jp2)
  65. 4.本章で考えるべき問題 / p115 (0122.jp2)
  66. 第5章 効用への外的要素寄与率の計測(1)-トランス・ログ効用関数のケース- / p117 (0124.jp2)
  67. 第1節 効用への外的要素の影響 / p117 (0124.jp2)
  68. 1.効用への外的要素の寄与 / p117 (0124.jp2)
  69. 2.効用関数における外的要因の処理 / p118 (0125.jp2)
  70. 第2節 効用関数 / p119 (0126.jp2)
  71. 1.トランス・ログ効用関数 / p119 (0126.jp2)
  72. 2.効用関数の1次及び2次偏導関数 / p120 (0127.jp2)
  73. 3.Theilのシステム-ワイド・アプローチのパラメータとの対応 / p122 (0129.jp2)
  74. 第3節 推定 / p123 (0130.jp2)
  75. 1.システム-ワイド・アプローチのパラメータの推定方法 / p123 (0130.jp2)
  76. 2.パラメータの推定 / p125 (0132.jp2)
  77. 3.効用への非経済要素寄与率の計測 / p130 (0137.jp2)
  78. 4.外的要因考慮の必要性 / p134 (0141.jp2)
  79. 第5章付録 2財の場合のトランス・ログ効用関数とパラメータの対応 / p134 (0141.jp2)
  80. 第6章 効用への外的要素寄与率の計測(2)-CES型効用関数に基づく食肉市場の分析- / p139 (0146.jp2)
  81. 第1節 基数的効用計測の準備 / p139 (0146.jp2)
  82. 1.基数的効用の計測と外的要素寄与率の計測 / p139 (0146.jp2)
  83. 2.CES型効用関数の準備 / p140 (0147.jp2)
  84. 3.ヘッセ行列 / p142 (0149.jp2)
  85. 第2節 システム-ワイド・アプローチからの計算 / p143 (0150.jp2)
  86. 1.システム-ワイド・アプローチとの対応 / p143 (0150.jp2)
  87. 2.システム-ワイド・アプローチ式の推定 / p145 (0152.jp2)
  88. 第3節 総効用と外的要素寄与率の計算 / p152 (0159.jp2)
  89. 1.同次性次数の計算 / p152 (0159.jp2)
  90. 2.総効用の算出 / p153 (0160.jp2)
  91. 3.外的要素の効用への寄与 / p157 (0164.jp2)
  92. 4.本計測作論の拡張 / p158 (0165.jp2)
  93. 補章 指数論 / p161 (0168.jp2)
  94. 第1節 ラスパイレス指数及びパーシェ指数 / p161 (0168.jp2)
  95. 1.経済指数 / p161 (0168.jp2)
  96. 2.ラスパイレス指数とパーシェ指数 / p162 (0169.jp2)
  97. 第2節 指数のテスト / p175 (0182.jp2)
  98. 1.フィッシャーのテスト / p175 (0182.jp2)
  99. 2.フィッシャーのテストの問題点 / p181 (0188.jp2)
  100. 第3節 他の代表的指数 / p181 (0188.jp2)
  101. 1.フィッシャーの理想算式 / p181 (0188.jp2)
  102. 2.ウォルシュ式 / p183 (0190.jp2)
  103. 3.エッジワース式 / p184 (0191.jp2)
  104. 第4節 連鎖指数 / p185 (0192.jp2)
  105. 1.ラスパイレス連鎖指数 / p185 (0192.jp2)
  106. 2.パーシェ連鎖指数 / p186 (0193.jp2)
  107. 参考文献 / p191 (0198.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185880
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186163
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350194
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ