培養腎上皮細胞LLC-PK1を用いた有機カオチン輸送機構の解明に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 笹谷, 政史 ササヤ, マサフミ

書誌事項

タイトル

培養腎上皮細胞LLC-PK1を用いた有機カオチン輸送機構の解明に関する研究

著者名

笹谷, 政史

著者別名

ササヤ, マサフミ

学位授与大学

北海道医療大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第64号

学位授与年月日

1999-03-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 LLC-PK₁細胞におけるシメチジンの輸送特性 / p4 (0010.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p4 (0010.jp2)
  5. 第2節 実験法 / p6 (0012.jp2)
  6. 第1項 実験材料 / p6 (0012.jp2)
  7. 第2項 細胞培養 / p7 (0013.jp2)
  8. 第3項 細胞内取り込み実験 / p8 (0014.jp2)
  9. 第4項 細胞透過実験 / p9 (0015.jp2)
  10. 第5項 定量操作・方法 / p10 (0016.jp2)
  11. 第6項 統計処理 / p10 (0016.jp2)
  12. 第3節 シメチジンの取り込み挙動 / p11 (0017.jp2)
  13. 第1項 取り込みとeffluxの経時的推移と温度の影響 / p11 (0017.jp2)
  14. 第2項 取り込みの濃度依存性 / p11 (0017.jp2)
  15. 第3項 取り込みにおける有機カチオン類の影響 / p12 (0018.jp2)
  16. 第4節 シメチジンの細胞透過挙動 / p13 (0019.jp2)
  17. 第1項 細胞透過の経時的推移と温度の影響 / p13 (0019.jp2)
  18. 第2項 細胞透過における有機カチオン類の影響 / p14 (0020.jp2)
  19. 第5節 考察 / p15 (0021.jp2)
  20. 第2章 LLC-PK₁細胞におけるニューキノロン系抗菌剤の輸送特性 / p16 (0022.jp2)
  21. 第1節 緒言 / p16 (0022.jp2)
  22. 第2節 実験法 / p18 (0024.jp2)
  23. 第1項 実験材料 / p18 (0024.jp2)
  24. 第2項 細胞培養 / p18 (0024.jp2)
  25. 第3項 細胞内取り込み実験 / p18 (0024.jp2)
  26. 第4項 細胞透過実験 / p18 (0024.jp2)
  27. 第5項 定量操作・方法 / p19 (0025.jp2)
  28. 第6項 統計処理 / p19 (0025.jp2)
  29. 第3節 エノキサシンとシプロフロキサシンの細胞内取り込み挙動 / p20 (0026.jp2)
  30. 第1項 エノキサシンとシプロフロキサシンの取り込みとeffluxの経時的推移と温度の影響 / p20 (0026.jp2)
  31. 第2項 エノキサシンの取り込みの濃度依存性 / p22 (0028.jp2)
  32. 第3項 エノキサシンとシプロフロキサシンの取り込みにおける有機カチオン類の影響 / p23 (0029.jp2)
  33. 第4節 エノキサシンとシプロフロキサシンの細胞透過挙動 / p25 (0031.jp2)
  34. 第1項 エノキサシンとシプロフロキサシンの細胞透過の経時的推移と温度の影響 / p25 (0031.jp2)
  35. 第2項 エノキサシンの細胞透過のエネルギー依存性 / p27 (0033.jp2)
  36. 第3項 エノキサシンの細胞透過におけるp-糖たん白の関与の有無 / p28 (0034.jp2)
  37. 第4項 エノキサシンとシプロフロキサシンの細胞透過における有機カチオン類の影響 / p30 (0036.jp2)
  38. 第5項 シプロフロキサシンの細胞透過における頂側膜側のpHの影響 / p32 (0038.jp2)
  39. 第5節 考察 / p34 (0040.jp2)
  40. 第3章 LLC-PK₁細胞における有機カチオン輸送機構の基質認識特性 / p36 (0042.jp2)
  41. 第1節 緒言 / p36 (0042.jp2)
  42. 第2節 実験法 / p39 (0045.jp2)
  43. 第1項 実験材料 / p39 (0045.jp2)
  44. 第2項 細胞培養 / p39 (0045.jp2)
  45. 第3項 細胞内取り込み実験 / p39 (0045.jp2)
  46. 第4項 細胞透過実験 / p40 (0046.jp2)
  47. 第5項 Trans-Stimulation実験 / p40 (0046.jp2)
  48. 第6項 定量操作・方法 / p41 (0047.jp2)
  49. 第7項 統計処理 / p42 (0048.jp2)
  50. 第3節 ニューキノロン輸送の立体選択性 / p43 (0049.jp2)
  51. 第1項 細胞透過の経時的推移 / p43 (0049.jp2)
  52. 第2項 細胞透過に対する有機カチオン類の影響 / p44 (0050.jp2)
  53. 第3項 グアニジンによる阻害効果の濃度依存性 / p45 (0051.jp2)
  54. 第4項 細胞透過に対する塩基性アミノ酸の影響 / p46 (0052.jp2)
  55. 第4節 薬物初期取り込みにおけるtrans-stimulation効果 / p48 (0054.jp2)
  56. 第1項 テトラエチルアンモニウム前処理の影響 / p48 (0054.jp2)
  57. 第2項 グアニジン前処理の影響 / p49 (0055.jp2)
  58. 第3項 D, L-アルギニン前処理の影響 / p50 (0056.jp2)
  59. 第5節 ドキソルビシンの取り込み挙動 / p51 (0057.jp2)
  60. 第1項 取り込みとeffluxの経時的推移と温度の影響 / p51 (0057.jp2)
  61. 第2項 取り込みの濃度依存性 / p52 (0058.jp2)
  62. 第3項 取り込みに対する代謝阻害剤と有機カチオン類の影響 / p53 (0059.jp2)
  63. 第6節 考察 / p54 (0060.jp2)
  64. 結論 / p59 (0065.jp2)
  65. 謝辞 / p62 (0068.jp2)
  66. 引用文献 / p63 (0069.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185954
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186237
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350268
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ