2-(3-ピリジル)チアゾリジン骨格を有する新規PAF受容体拮抗薬の合成研究

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 健師 スズキ, タケシ

書誌事項

タイトル

2-(3-ピリジル)チアゾリジン骨格を有する新規PAF受容体拮抗薬の合成研究

著者名

鈴木, 健師

著者別名

スズキ, タケシ

学位授与大学

静岡県立大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第81号

学位授与年月日

1999-07-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 本研究の概要 / p5 (0007.jp2)
  4. 第1章 2-(3-ピリジル)チアゾリジン-4-カルボキサミド誘導体の合成研究 / p8 (0009.jp2)
  5. 第1節 2-(3-ピリジル)チアゾリジン-4-カルボキサミドの合成 / p8 (0009.jp2)
  6. 第2節 PAF受容体拮抗作用に基づく構造活性相関および各種薬理作用 / p12 (0011.jp2)
  7. 第3節 まとめ / p20 (0015.jp2)
  8. 第2章 2-(3-ピリジル)チアゾリジン骨格の構造変換および活性配座 / p21 (0015.jp2)
  9. 第1節 4-(3-フェニルプロピル)ピペラジン誘導体の合成 / p21 (0015.jp2)
  10. 第2節 PAF受容体拮抗作用に基づく構造活性相関 / p25 (0017.jp2)
  11. 第3節 YM264の異性化 / p27 (0018.jp2)
  12. 第4節 まとめ / p29 (0019.jp2)
  13. 第3章 YM461とYM264の代謝物の合成とその薬理作用および代謝と薬物体内動態 / p30 (0020.jp2)
  14. 第1節 YM461とYM264のラット尿中代謝物 / p30 (0020.jp2)
  15. 第2節 YM461とYM264の代謝物の合成 / p35 (0022.jp2)
  16. 第3節 合成代謝物のPAF拮抗作用 / p37 (0023.jp2)
  17. 第4節 YM461とYM264の薬物体内動態 / p38 (0024.jp2)
  18. 第5節 YM264とPAFの構造的類似性 / p42 (0026.jp2)
  19. 第6節 まとめ / p44 (0027.jp2)
  20. 総括 / p45 (0027.jp2)
  21. 実験の部 / p47 (0028.jp2)
  22. 第1章に関する実験 / p47 (0028.jp2)
  23. 第2章に関する実験 / p55 (0032.jp2)
  24. 第3章に関する実験 / p61 (0035.jp2)
  25. 薬理作用の評価方法 / p65 (0037.jp2)
  26. 引用文献 / p68 (0039.jp2)
  27. 本研究の基礎となる論文の目録 / p71 (0040.jp2)
  28. 謝辞 / p72 (0041.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185995
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186278
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350309
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ