散逸性物体の波動問題における時間領域境界要素法の数値的構成法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 船戸, 慶輔 フネト, ケイスケ

書誌事項

タイトル

散逸性物体の波動問題における時間領域境界要素法の数値的構成法に関する研究

著者名

船戸, 慶輔

著者別名

フネト, ケイスケ

学位授与大学

福井大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第75号

学位授与年月日

1999-12-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的と背景 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 本論文の内容と構成 / p4 (0006.jp2)
  5. 2 波動問題における境界要素法の定式化 / p9 (0008.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p9 (0008.jp2)
  7. 2.2 弾性波動問題 / p10 (0009.jp2)
  8. 2.3 粘弾性波動問題 / p15 (0011.jp2)
  9. 2.4 周波数領域における問題 / p19 (0013.jp2)
  10. 2.5 Biot物体中の波動伝播問題 / p25 (0016.jp2)
  11. 2.6 時間領域境界要素法 / p33 (0020.jp2)
  12. 2.7 周波数領域境界要素法 / p38 (0023.jp2)
  13. 2.8 Biot物体の境界要素法 / p42 (0025.jp2)
  14. 3 高速Fourier変換による時間領域境界要素行列の構成法 / p47 (0027.jp2)
  15. 3.1 はじめに / p47 (0027.jp2)
  16. 3.2 境界要素離散行列の比較 / p49 (0028.jp2)
  17. 3.3 高速Fourier変換境界要素法離散行列 / p59 (0033.jp2)
  18. 3.4 高速Fourier変換境界要素行列による時間領域解 / p72 (0040.jp2)
  19. 3.5 境界要素法離散行列特性の改善 / p75 (0041.jp2)
  20. 3.6 第3章のまとめ / p92 (0050.jp2)
  21. 4 数値積分法による影響関数の構成法 / p93 (0050.jp2)
  22. 4.1 はじめに / p93 (0050.jp2)
  23. 4.2 基本特異解および影響関数の数値積分法 / p95 (0051.jp2)
  24. 4.3 粘弾性波動問題の時間領域基本特異解 / p102 (0055.jp2)
  25. 4.4 Biot物体中の波動問題における時間領域基本特異解 / p111 (0059.jp2)
  26. 4.5 粘弾性波動問題の影響関数 / p126 (0067.jp2)
  27. 4.6 第4章のまとめ / p138 (0073.jp2)
  28. 5 粘弾性波動問題の時間領域境界要素法による解析例 / p145 (0076.jp2)
  29. 5.1 はじめに / p145 (0076.jp2)
  30. 5.2 粘弾性波動問題における入射進行波 / p147 (0077.jp2)
  31. 5.3 粘弾性面外波動問題の解析例 / p147 (0077.jp2)
  32. 5.5 粘弾性面内波動問題の解析例 / p151 (0079.jp2)
  33. 5.5 第5章のまとめ / p170 (0089.jp2)
  34. 6 結論 / p171 (0089.jp2)
  35. 参考文献 / p175 (0091.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186002
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186285
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350316
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ