非現実感経験の測定と生起過程に関する研究 : 日常的体験を中心とした基礎的分析

この論文をさがす

著者

    • 須永, 範明 スナガ, ノリアキ

書誌事項

タイトル

非現実感経験の測定と生起過程に関する研究 : 日常的体験を中心とした基礎的分析

著者名

須永, 範明

著者別名

スナガ, ノリアキ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士 (心理学)

学位授与番号

乙第5622号

学位授与年月日

2000-03-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次/p1 (3コマ目)
  2. 第1章 研究の背景/p1 (7コマ目)
  3. 第1節 概念と定義/p1 (7コマ目)
  4. 第2節 発生率と測定方法/p6 (12コマ目)
  5. 第3節 原因と生起過程/p14 (20コマ目)
  6. 第2章 非現実感経験の内的生起過程に関する理論/p17 (23コマ目)
  7. 第1節 精神分析的理論/p17 (23コマ目)
  8. 第2節 解離理論/p22 (28コマ目)
  9. 第3節 知覚的後退理論/p29 (35コマ目)
  10. 第4節 そのほかの理論/p52 (58コマ目)
  11. 第5節 非現実感経験に関する研究の意義と目的/p55 (61コマ目)
  12. 第3章 非現実感経験測定用の質問紙の開発/p57 (63コマ目)
  13. 第1節 非現実感質問紙の作成/p59 (65コマ目)
  14. 第1項 調査用質問紙の項目/p59 (65コマ目)
  15. 第2項 調査の実施/p60 (66コマ目)
  16. 第3項 非現実感質問紙の構成と内容/p61 (67コマ目)
  17. 第2節 UPIによる特性非現実感尺度の構成概念妥当性の検討/p66 (72コマ目)
  18. 第1項 目的/p66 (72コマ目)
  19. 第2項 方法/p67 (73コマ目)
  20. 第3項 結果と考察/p67 (73コマ目)
  21. 第3節 状態非現実感尺度の構成概念妥当性の検討/p70 (76コマ目)
  22. 第1項 目的/p70 (76コマ目)
  23. 第2頂 方法/p71 (77コマ目)
  24. 第3項 結果と考察/p72 (78コマ目)
  25. 第4節 MMPIによる特性非現実感尺度の構成概念妥当性の検討/p78 (84コマ目)
  26. 第1項 目的/p78 (84コマ目)
  27. 第2項 方法/p79 (85コマ目)
  28. 第3項 結果と考察/p80 (86コマ目)
  29. 第5節 一般的考察/p88 (94コマ目)
  30. 第4章 ストレスと非現実感経験の関係/p90 (96コマ目)
  31. 第1節 ストレス反応と対処反応の特徴/p91 (97コマ目)
  32. 第2節 特性非現実感とストレス反応傾向・対処スタイルとの関連/p97 (103コマ目)
  33. 第1項 目的/p97 (103コマ目)
  34. 第2項 方法/p99 (105コマ目)
  35. 第3項 結果と考察/p103 (109コマ目)
  36. 第3節 具体的なストレス事態下での状態非現実感とストレス反応・対処反応との関連/p112 (118コマ目)
  37. 第1項 目的/p112 (118コマ目)
  38. 第2項 方法/p115 (121コマ目)
  39. 第3項 結果と考察/p118 (124コマ目)
  40. 第4節 非現実感経験の生起状況/p129 (135コマ目)
  41. 第1項 目的/p129 (135コマ目)
  42. 第2項 方法/p134 (140コマ目)
  43. 第3項 結果と考察/p135 (141コマ目)
  44. 第5節 一般的考察/p140 (146コマ目)
  45. 第5章 生理的覚醒と非現実感経験/p145 (151コマ目)
  46. 第1節 生理的覚醒傾向・対人接触回避傾向と特性非現実感との関連/p146 (152コマ目)
  47. 第1項 目的/p147 (153コマ目)
  48. 第2項 方法/p147 (153コマ目)
  49. 第3項 結果と考察/p149 (155コマ目)
  50. 第2節 具体的なストレス事態下での生理的覚醒・対人接触回避と状態非現実感との関連/p156 (162コマ目)
  51. 第1項 目的/p156 (162コマ目)
  52. 第2項 方法/p158 (164コマ目)
  53. 第3項 結果と考察/p161 (167コマ目)
  54. 第3節 具体的なストレス事態下での生理的覚醒・対人接触回避と状態非現実感との関連(追検討)/p171 (177コマ目)
  55. 第1項 目的/p171 (177コマ目)
  56. 第2項 方法/p172 (178コマ目)
  57. 第3項 結果と考察/p172 (178コマ目)
  58. 第4節 一般的考察/p181 (187コマ目)
  59. 第6章 総合的考察/p185 (191コマ目)
  60. 第1節 研究結果のまとめ/p185 (191コマ目)
  61. 第2節 非現実感質問紙の評価/p187 (193コマ目)
  62. 第3節 非現実感経験の生起過程におけるストレスと生理的覚醒の役割/p189 (195コマ目)
  63. 文献/p198 (204コマ目)
  64. 謝辞/p210 (216コマ目)
  65. 資料/p211 (217コマ目)
39アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000186017
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000186300
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000350331
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ